タグ : デザイン

MSゴシックよりMeiryo UI!


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1401文字)


「社会人に聞いた、好きなフォントランキング」が発表された。

 1位 MSゴシック 40.0%
 2位 MS明朝 33.2%
 3位 HG丸ゴシックM-PRO 10.8%

フォントの好き嫌いには個人差があるとしても、かなり残念なランキングだ。MSゴシックとMS明朝が1位と2位では、Microsoft製品のデフォルトに従っているだけ。これでは「フォントについては手を抜いています」と告白しているようなものだろう。MSゴシックやMS明朝を「好き」とするようでは、他のフォントをほとんど知らないのではと疑ってしまう(参考:3位「HG丸ゴシックM-PRO」2位「MS 明朝」、1位は? 社会人に聞いた、好きなフォントランキング|マイナビスチューデント)。
 
Windowsユーザーは、どんな書類にもMSゴシックやMS明朝を使いたがる。標準フォントなので「無難」と考えているのだろうが、それでは何とかのひとつ覚え。書類を読む人への配慮が欠けている。トラブル回避の「無難」にこだわるにしても、実はWindowsには他にも標準で搭載されているフォントがあるのだ。ここは思いきって(?)、「Meiryo UI」を使ってみてはいかがだろうか。
 

font

credit: arkon12 via FindCC

 
続きを読む

外国語表記でターゲッティング!?


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1784文字)


最近、「観光立国」の話題をよく目に耳にする。自分自身の関心が高まっているせいもあるが、多数の記事が掲載されているのは間違いない。2020年の東京オリンピックに向けて、観光産業は更なる注目を集めることだろう。
 
さて、そんな中、観光庁が「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」を策定した。観光地の案内板などで、外国人に対してどのような表記をすればよいかを示すガイドラインだ。大量の「対訳語一覧」を含む73ページの本編以外に、そのエッセンスを4ページにまとめた概要もあり、これがなかなかおもしろい。ぜひ、一見をオススメする。
 

国会議事堂前

Photo credit : JD Hancock / CC BY-SA


 
続きを読む

なぜ電源ボタンでシステム終了できないの?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2062文字)


パソコンをシステム終了したいときには電源ボタンを押せばいい。パソコンを落とすために行なうこの極めて自然な操作が、最新のMacOSではできなくなっている。電源ボタンを押してもスリープ状態になるだけ。最初にこれを経験したときは、「なぜ電源ボタンでシステム終了できないの?」とかなり驚いてしまった。Macユーザーにとって、電源ボタンからシステム終了する操作はそれくらい自然なものだ。
 
MacOSとWindowsの違いは多々あるものの、「直感にあった操作性」ができるか否かはその核心部分と言える。そして、システム終了時の操作はその象徴のように思っていた。物理的な電源ボタンを押すだけのMacOSに対して、Windowsでは画面上のスタートボタンなどをクリックして当該メニューを呼び出さなくてはならない。どちらが直感に合っているかは一目瞭然だろう。
 
新しいMacOSでも、電源ボタンを「長押し」したり、「controlキー」と一緒に押したりすれば、今まで通りの終了作業が行なえる。システム終了か再起動かをたずねるダイアログが出てくるのだ。しかし、この「長押し」や「controlキー」といった一手間が「直感にあった操作性」を妨げている。賛否はあるのかも知れないが、やはりこの電源ボタンまわりの変更は「改悪」と言わざるを得ないように思う。
 
世の中にたくさんの機器が溢れ、そのほとんどをマニュアルなど読まずに使う人が多い現在、「直感に合った操作性」の価値は更に増していると考えられる。最近は、どうやったらその機器が使えるか、あまり考えなくてもわかるような商品が求められているようだ。ビジネスにおいても、「直感に合った操作性」を意識することは欠かせないと言えよう。
 

Photo credit : Brandon Daniel / CC BY-SA

Photo credit : Brandon Daniel / CC BY-SA

 
続きを読む

「新しい横断歩道」をデザインするなら・・・


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2324文字)


街を歩けばどこかしこで渡ることになる横断歩道。このデザインが大きく変わるかも知れない。歩行者の安全を守るため、全国でいくつかの「新しい横断歩道」のテストが行なわれているのだ。
 

横断歩道

Photo credit : pinboke_planet / CC BY

 
例えば、滋賀県長浜市では「車道の路面より10cm高く設置された横断歩道」が試されている。横断歩道の前後には「勾配があることを知らせる三角形の路面表示」も施され、ここを通過する車両の平均速度が大幅に低下したらしい(参考:通学路守る秘策…横断歩道の高さ路面より10センチアップで「平均速度20キロ低下」 滋賀・長浜|MSN産経west)。
 
「浮き上がって見える横断歩道」をつくったのは静岡市。目の錯覚を利用することで立体的に見えるようにしたという。効果の確認はこれからだが、結果次第では「普及させていくことも検討」と積極的だ(「浮き上がる」横断歩道、思わず減速…静岡|読売新聞)。
 
車道より10cm高い横断歩道と浮き上がって見える横断歩道のどちらが優れているかはわからないし、別にもっと良い方法があるかも知れない。それでも、いろいろな仮説を案出してそれぞれを検証するアプローチは素晴らしい。担当者の勘や経験や度胸で実行する施策を選ぶよりも好ましいのは間違いないだろう。課題を解決したいのなら、KKD(勘、経験、度胸)より仮説検証。事実やデータに基づいて考えることが肝になる。ぜひ、全国でたくさんのテストをしてその知見を共有してもらいたいものだ。
 
さて、仮説を選ぶためにテストをするのは素晴らしいが、ただ闇雲にテストをしただけではその結果を信頼することができない。テストのやり方にもコツがあるのだ。では、実際にどのような点に注意してテストをすれば良いのだろうか。
 
続きを読む

iPhoneのホーム画面には重力が働いている!?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1661文字)


iPhoneのホーム画面はセンタリングがうまくできていないという話題があった。ホーム画面数をあらわす「 ● ○ ○ ○ 」の表示が、少し左側にズレているというのだ。ソースが2ちゃんねるのまとめサイトなのは冴えないが、情報の出所に貴賤なし。なかなか興味深い指摘だと思う。言葉だけではわかりにくいということで、説明の画像まで付いている(参考:iPhoneのホーム数のドットが真ん中じゃなくて気になる奴wwwww|アルファルファモザイク)。
 

※画像はアルファルファモザイクより
※画像はアルファルファモザイクより

 
「アップルがそんな美しくないことをする筈がない」と思いつつ実機で確認したところ、確かに「 ● ○ ○ ○ 」は中央からズレている。でも、何かがおかしい。ズレ方が安定していないのだ。そこでいろいろ試していると、あることに気付いた。このズレは、どうやらアップル流のユーザビリティのようだ。
 
続きを読む