タグ : デザイン

アンケートにもターゲッティングが必要


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1447文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
調査目的が決まったら、次はどんな人たちを対象にアンケートするかを考えなくてはいけません。企業や個人が自分たちで行なうアンケートは「聞ける人に聞く」で済ますことが多いようですが、これでは駄目です。調査目的に合わない人たちに聞いたアンケート結果は、役に立たないどころか害になるからです。
 


新規顧客を開拓したいなら・・・


よくあるのが、新規顧客を開拓したいのに、既存顧客にアンケートをしてしまうパターンです。
 
小売店を例にして考えるとわかりやすいのですが、既存顧客はその店を気に入って来店するわけですから、その店を避ける人の気持ちはわからないのです。例えば、既存顧客にその店の長所を聞いて、それを新規顧客獲得のための宣伝に使おうとしたとします。もちろん、その長所が新規顧客にもアピールとなる可能性はありますが、まったく響かない可能性もあります。既存顧客が考える長所が「安いこと」で、新規顧客になりうる潜在顧客が求めているものが「質の良いもの」だったら、「安いこと」をアピールしても仕方ありません。既存顧客と潜在顧客の求めているものが同じで、潜在顧客が来店しな理由が「長所を知らないから」の場合は成功しますが、その他の場合はうまく行きません。
 
それどころか、既存顧客が思う長所を更に強化するような戦略を取った場合、むしろ新規顧客が入りにくいような間口の狭いお店になってしまうことがあります。専門店等で品揃えがだんだんマニアックになってしまう店などが、この例です。それで店の維持に必要な売上を確保できるのなら一つの戦略ではありますが、あまり客層を絞り過ぎると変化に弱いという危険が生じます。
 
やはり新規顧客を目指したいのなら、普段は自分のお店を利用しないような人に聞かなくては意味がありません。「そんなことできない」と思うでしょうが、物ごとは工夫次第です。小売店でしたら、セール等を行なって新規顧客も入りやすいような状況を一時的につくり、来店者アンケートをする方法が考えられます。アンケートの中に来店頻度の質問を含めておいて、既存顧客と新規顧客の評価の違いを見るのです。そうすれば、新規顧客を呼び込むために何が必要かがわかるでしょう。
 


「もったいない」は禁物


さて、来店客のうち来店頻度の低いお客にアンケートをしたかったとします。
しかし、来店頻度の低いお客に絞ってアンケートをするのは困難ですから、まずは全員を対象にアンケートを行なうことになるでしょう。問題は、アンケートの結果をどうやって集計するかです。ついつい集まった回答全部を対象に集計してしまい勝ちですが、目的に合わないならこれをやることは禁物です。対象とする予定でない人を集計に含めても、結果が曖昧になって解釈し難くなるだけです。「ついでだから」「もったいないから」で集計しても碌な結果にはなりません。ここは割り切って、調査目的に合った対象者だけを集計することが大切です。
 
アンケートも、ターゲットを定めてそれに向かって行なうことが肝腎なのです。
 


すべてを調査目的にフィットさせる


こういう判断ができるのも、すべては調査目的がはっきりしているからです。
何となくアンケートをはじめてしまっては、このような的確な判断ができません。調査目的を定め、すべてをそれにフィットさせるようにアンケートをデザインしていくことが重要になります。

アンケートは仮説づくりからはじめよう


この記事の所要時間: 140秒 〜 240秒程度(1119文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
アンケートを実施するとき、よくいい加減に済まされてしまうのが調査目的の設定です。何かを知りたくてアンケートするので、調査目的は自明のものとしていきなり質問文を考え出したくなるのはわかるのですが、モノには順序があります。調査目的がはっきり決まってないと、思い付きの質問がバラバラと並んでしまうため、アンケート結果から引き出せる知見が限定的になってしまうのです。ゴールが曖昧ではどこを目指していいかわからないため、質問間の相乗効果が生まれません。少し面倒でも、調査目的を明確にしてから作業をスタートさせる必要があります。
 

photo credit : F.Pamplona via photo pin cc photo credit : F.Pamplona via photo pin cc

 


仮説をつくってアンケートに挑む


例えば、小売店の売上向上のためにアンケートを行なうとしましょう。
この場合、売上向上が目的とも考えられますが、これはお店としての最終目的であってアンケートの目的ではありません。このレベルの漠然とした目的意識でアンケートをつくり出すと、かなり大変なことになります。
 
売上向上のためには、既存顧客の1人あたり売上増加、新規顧客の獲得、取り扱い商品の拡充などいくつもの方法が考えられるからです。これらすべてを一度のアンケートで質問しようとすると、内容が多過ぎて収拾がつかなくなります。とても相乗効果は期待できません。
 
こういう事態を避けるためには、「この方法で売上を向上させられるだろう」という仮説をつくり、①仮説の有効性の確認、②仮説の肉付けを目指すアンケートにするのが一番です。
 
予算や時間の制約があるため一度のアンケートでたくさんのことを知りたいのは当然ですが、できる限り焦点を絞ることがアンケート成功の秘訣です。ここでも、選択と集中が生きるのです。
 


企画書をつくろう!


さて、調査目的を決めて作業をスタートしても、だんだんアレも聞きたいコレも聞きたいになるのがアンケートの常です。しかし、これをあまり許してしまうとアンケートがぼんやりしたものになってしまいます。
 
このとき有効なのは、調査目的をはじめアンケートを実施するのに必要ないくつかの決めごとを明文化することです。わかっているつもりのことでも、書くと書かないでは大きな違いがあります。そして、アンケートの内容がわかりにくくなってきたら、明文化された原点に戻ればいいわけです。
 
一般的には調査の企画書をつくります。そこで、調査目的等を明記してロジックを確認します。これにより、成果の出やすいアンケートの実施が可能になるのです。

たった5分で効率化!アジェンダが会議を変える


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2005文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
「会議が多すぎて仕事にならない」というのはビジネスマンの決まり文句ですが、苦情を言ってみたところで何も変わりません。会議漬けの悪循環から脱したいのなら、会議の時間を短縮し、更に一つ一つの会議の成果を大きくするよう自ら仕掛ける必要があります。とは言え、そんな大袈裟なことではありません。会議の前に5分でアジェンダを準備する。これだけで会議の効率は驚くほど変化するのです。
 

photo credit : jonas_k via photo pin cc

photo credit : jonas_k via photo pin cc

 


アジェンダとは


会議でアジェンダというとき、それは議事項目の一覧を示します。
例えば、こんな感じです。

◯◯◯戦略会議

 ●日時 :2012年06月29日 14:00〜16:00
 ●場所 :5階A会議室
 ●参加者:B部長、C課長、Dさん、Eさん

□新商品Eについて
 ・前回決定事項の確認(コンセプト、チャネル、販売価格など)

 ・発売時期、広報戦略の検討・決定

 ・懸案事項の洗い出し

 ・・・・

 ・・・

 ・・

 ・

 
あまりゴチャゴチャ書かず、会議で「報告したいこと」「議論したいこと」「決定したいこと」を短い言葉で表現するのがポイントです。
 


アジェンダ活用のコツ


そもそも佐々木がアジェンダ好きになったのは、毎回の打ち合わせに必ずアジェンダを用意する取引先があり、その効果を目の当たりにしたからです。自分もそうだったのですが、会議でのアジェンダ活用を勧める記事や書籍は読んでもその効果はなかなか伝わりません。アジェンダは、騙されたつもりでまず一度試してみて、その効果を実感することが大切です。
 
さて、会議術のマニュアル等に書いていあることを繰り返しても仕方ないので、ここでは佐々木が実感したアジェンダ活用のコツを3つご紹介しましょう。
 
 会議をデザインする 
一番大切なのは会議の目的をはっきりさせ、その目的に必要な議事項目を選び、各項目の取り上げ方を決めることです。
 
どうでもいい報告が続けば参加者は飽きてしまいます。ダラダラと長い報告は参加者のやる気を奪います。議論ばかりをしていても時間が無駄になるだけです。ゼロからの議論や終着点の見えない議論は何としても避けなければなりません。参加者が最終決定権を持たない事項について仮決定しようとするのは意味のある行為でしょうか。
 
つまり、これらを考えた上で会議をデザインするわけです。
ポイントは会議の大きな流れを考えた上で、各議事の作業内容(報告、議論、決定等)、担当者、時間配分を明確にすることです。担当者等をアジェンダに記入するかどうかは会議のタイプ次第ですが、事前に決めておくことが大切です。
 
とは言え、アジェンダ作成に悩んでその作業に時間を取られてしまったのでは本末転倒です。時間を決めて、5分程度でサクッとつくってしまうのがオススメです。
 
 最初にアジェンダを説明する 
アジェンダをつくったら、会議の最初にその説明をすることが有効です。
要は「今日の会議はこんなに大変」だとアピールするのです。多くの場合、会議に取れる時間は決まっていますから、これをすることで枝葉末節の議論を防ぐことができます。また、会議の全体像が見えることで、スムーズな進行が期待できます。
 
 アジェンダの効果を参加者に実感させる 
もう一つ大切なのが、アジェンダの効果を知らしめることです。アジェンダを用意しても、それを無視して議論が進んでしまっては意味がありません。参加者がアジェンダに沿って話をするためには、その価値を共有することが必要なのです。
 
このためにできることは、アジェンダの事前送信です。議事の漏れ等を確認するため、アジェンダを会議の前にメールで送るのです。これをすると、会議の前に準備や心構えができるため、アジェンダの価値を認識するようになります。担当者を書き込んだ場合には、各参加者の役割を周知するのにも役立ちます。
 
更に、事後に簡単な議事録を送信する作業も有効です。アジェンダの項目を元に、決定事項やToDoを書き込みます。これを貰えば会議でやったことが簡単に共有できるため、これを嫌がる人はいません。そして、議事録とアジェンダが対応することで、アジェンダの効果が実感できるのです。
 


まずはお試しあれ


いろいろ書きましたが、いかがでしょうか。
 
アジェンダは議論より実践です。
ぜひ、お試しください。

sasakitakashi.bizのロゴをつくる


この記事の所要時間: 050秒 〜 150秒程度(657文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
二十歳街道まっしぐらで紹介されていたロゴ作成ジェネレーターLogotypeCreatorを、早速試してみました。つくったのはsasakitakashi.bizのロゴです。
 
LogotypeCreatorはロゴにしたいアルファベット(日本語不可)を入力して「Generate Logo Now!」をクリックするだけで、一度に9つのロゴが作成される仕組みです。出来あがったロゴは、マークとフォントの色、位置、サイズ等が編集可能で、右下にFree!の表示があるモノについては無料でダウンロードできます。
 

ロゴ試し

 
何度もGenerate Logo Now!を押して、最終的に「使ってもいい」と思ったロゴがこの3つです。

ロゴaロゴbロゴc

 
このサイト=ささびずのロゴはページ左上にある平仮名の画像なのですが、実はURLのロゴも欲しいと思っていました。それは、名刺や書類にURLだけを掲載すると目立たない、ひいてはサイトの宣伝(?)にならないからです。そんなに大袈裟なものでなくても、マークがあるだけで急に目を惹くようになります。URLのロゴには、この効果を期待しています。

ちなみに、左上のロゴはいろいろ楽じゃない空間というサイトでつくりました。日本語に対応している、フォントを選べるなどの特徴があり、かなり自由にロゴがつくれます。そのぶん完成までに手間と時間が掛かってしまいますが、こちらもオススメです。

皆さんもロゴを作ってみたらいかがでしょうか。

モバイル専用サイトは必要ない!


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1242文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
株式会社イードが運営するU-Siteというホームページで、ウェブサイト・ユーザビリティ研究の第一人者 ヤコブ・ニールセンが書く「ニールセン博士のAlertbox」が公開されています(日本語です)。ニールセン博士が展開するウェブサイトの使いやすさについての議論は本質的かつ刺激的で、やや理想論に走り過ぎる嫌いはあるものの、ホームページを持っている人には必読の内容です。
 
昨日、この「ニールセン博士のAlertbox」に再利用 vs. 最適化されたデザインという興味深い記事が掲載されました。印刷物とオンライン、デスクトップとモバイルなど、いくつものプラットフォームで同じ情報を発信する際、プラットフォーム毎に最適化したデザインを作成する必要があるかという議論です。古くて新しい論点といえるでしょう。記事は、「再利用しても構わない」場合、「プラットフォームごとに最適化されたデザインを別々に創り出す」べき場合を導出して結論としています。
 

photo credit : blakespot via photo pin cc

photo credit : blakespot via photo pin cc

 
この問題、デスクトップとモバイルに限って考えると、モバイル専用ページで何をしたいのか明確な戦略を持つことが重要になります。
「スマートフォンの利用率が上昇してきてるから、そろそろモバイル専用ページをつくらないとな」といった消極的な動機でモバイル専用ページをつくっても成功は望めません。このような意識でページをつくると、表面的なデザインだけモバイルに最適化したページができてしまいます。デスクトップ用サイトとコンテンツの内容や操作性が変わらなければ、新しい価値は生まれません。そんなモバイル専用ページなら必要ないと言えるでしょう。

成功するために大切なのは、“デスクトップでサイトを見るユーザー”と“モバイルでサイトを見るユーザー”の行動の違いを理解した上で、モバイルユーザーにどんなベネフィット(便益)を提供するか戦略的に考えることです。モバイル専用サイトで商品を購入できる便利さを提供するのか、店頭で商品を選ぶときにすぐに見られる参考情報を提供するのか、思わず友達に教えたくなるようなゲームなどを提供するのか、そしてモバイルユーザーはそれらを本当に望んでいるのかを考えるのです。これらの戦略を明確にした上で、モバイルユーザー向けのページを再構築すれば、ユーザーフレンドリーなモバイル専用サイトの実現が可能になるでしょう。

長々と書きましたが、要は何ごとも戦略をしっかり考えることが重要です。
そして、そのためにはフレームが必要になります。ぜひ、以前紹介したSTP戦略コンセプトのABCなどを使って戦略を考えることをオススメします。