タグ : 存在と認識

ライブの騒音対策もマーケティング発想で!


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2220文字)


桜が散り、4月も中旬となれば、日によっては汗ばむような陽気。ゴールデンウィークにはまだ早いが、屋外での活動が気持ちよくなるちょっとした行楽シーズンだ。これから暑くなれば、野外ライブ、野外フェスも増えてくる。
 
最近、この野外ライブでちょっとびっくりするニュースがあった(参考:ももクロコンサート騒音「うるさい」「迷惑」苦情87件も… 埼玉・富士見市に苦情電話相次ぐ|産経ニュース)。埼玉県富士見市で行なわれた「ももいろクローバーZ」のコンサートの騒音への苦情が、東京都の西東京市や東久留米市からも届いたというのだ。コンサート会場からの距離は、記事によれば「約20キロ」。起点を東京駅に置き換えて考えると、直線距離20キロは東なら西船橋駅、西なら三鷹駅あたりとなる。どれだけ遠くから苦情が来たのか、想像いただけるだろう。
 
ただ、同時に思い浮かぶのが、「本当にそんなにうるさかったのか」という疑問。果たして、20キロ先にはどのくらいの騒音が聞こえたのだろうか。今回はこれを確認するとともに、マーケティングの発想で騒音対策を考えてみたい。
 

credit: sasint via pixabay

 
続きを読む

顔認識より「靴認識」が良い理由


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1510文字)


画像マッチング技術の進化により、最近は顔認識システムを使ったさまざまなサービスが提供されているが、ディズニーが注目したのは「靴」だという(参考:ディズニーが来園者の「靴」をスキャンして移動先を把握するシステムの特許を取得|GIGAZINE)。来園者の靴を手がかりに、その行動パターンを追おうというアイデアがあるらしいのだ。人の顔が百人百様であるように、靴にも一人一人の特徴が出る。ちょっとした汚れだったり、足の形や歩き方の癖で起きる変形だったり。新品の靴でもない限り、たとえ同じ靴でもある程度の区別は付きそうだ。
 
この「靴認識」とでも言いたくなる新システム。顔認識より精度は低そうだが、なかなか良いアイデアのように思う。データ活用には充分役立ち、その一方で来園者の心理的抵抗が少ないと考えられるからだ。
 

 
続きを読む

人の年齢は見掛けからわかるのか?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1344文字)


Microsoftが公開した年齢当てサイト・How-Old.netをご存知だろうか。一部で話題になったので、どこかで目にした方も多いだろう。How-Old.netは写真にうつっている人間の年齢を判定するサービスで、このホームページで使っている自分の似顔絵なら66歳。イラストだとしてもかなり残念な精度だが、サービスの発想自体はおもしろい。

似顔絵年齢

 
このサイトをよく見ると、そこには「HOW OLD DO I LOOK?」という説明書きがある。つまり、画像から判定しているのは「実際の年齢」ではなく「何歳に見えるか」なのだ。当たり前と言えば当たり前だが、ポイントはここにある。
 

年輪

credit: Antranias via pixabay

 
続きを読む

ドローンは見果てぬ夢に終わるのか?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1333文字)


最近、ドローン関連のニュースが盛んに取り上げられる。無人で飛行可能な航空機を使って、写真や動画を撮ったり、荷物や料理を運んだり、モバイル通信サービスを提供したり。実用化はまだ一部に留まるものの、空中は地上と比べて自由度が高いため、ドローンへの夢は膨らむばかりだ。
 
さて、ドローン技術は実用化に向けて大きな進歩を遂げているようだが、ドローンの普及に必要なのは技術だけではない。最後に決め手となるのは、人の心理となる。
 

 
続きを読む

上野東京ライン、直通運転は便利なのか?


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1574文字)


「上野東京ライン」が開業した。上野駅と東京駅を結ぶ線路を新設し、この線路を活用した直通運転路線を運行するもの。「上野東京ライン」が線路名なのか路線名なのかはわかり難いものの、そこはざっくり考えても問題ないだろう。東海道線と宇都宮線、高崎線、常磐線をつなぐことで、混雑緩和や所要時間短縮などを狙っている。
 

上野東京ライン

credit: Norisa1 via FindCC

 
宇都宮発伊東行き、熱海発高崎行きなど運行距離の長い電車ができたため、「乗り過ごしが怖い」、「行き先がわからない」などの声もあがっているが、もっとも心配なのは事故の影響範囲が広がること。直通運転をすれば、東海道線での事故の影響が、宇都宮線、高崎線、常磐線にまで及び兼ねないだろう。「小田原駅での人身事故の影響で、高崎線のダイヤが乱れています」では、何のことやらわからない。混雑緩和などの効果があったとしても、頻繁に電車に遅れが出てしまっては、本当に便利なのか疑わしくなってくる。
 
続きを読む