タグ : 事実

コンサルタントは“鏡”でありたい


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2155文字)

 辞書は“かがみ”である ―― これは、著者の変わらぬ信条であります。
 辞書は、ことばを写す“鏡”であります。同時に、
 辞書は、ことばを正す“鑑”であります。
 “鏡”と“鑑”の両面のどちらに重きを置くか、どう取り合わせるか、それは辞書の性格によってさまざまでありましょう。ただ、時代のことばと連動する性格を持つ小型国語辞書としては、言葉の変化した部分については、“鏡”としてすばやく写し出すべきだと考えます。“鑑”としてどう扱うかは、写し出したものを処理する段階で判断すべき問題でありましょう。
〔略〕

これは『三省堂国語辞典』の編集主幹として知られる見坊豪紀(けんぼうひでとし)が、その「第三版 序文」に残した言葉だ。
 
「“鏡”と“鑑”の両面のどちらに重きを置くか、どう取り合わせるか、それは辞書の性格によってさまざま」としながらも、まず「写す“鏡”」があって、そこからはじめて「正す“鑑”」を示し得るという順序立てをしていることが読み取れる。生半可な知識で他人の言葉遣いにあれこれ言う輩が多い昨今、生涯で145万枚の用例カードをつくったと言われる見坊のこの文章に、高い見識を感じるのは自分だけでないだろう。
 
ここで“鏡”とは、すなわち調査のこと。だからと言ってこれを単純に「まず調査ありき」と結び付けるのは安直かも知れないが、“鏡”か“鑑”かはコンサルティングにおいても重要になる。「写す」と「正す」を意識的に使いわけられなければ、クライアントに迷惑を掛けるのが関の山だ。
 

Photo credit : Mary Margret / CC BY

Photo credit : Mary Margret / CC BY

 
続きを読む

世の中、お利口さんが多くて疲れません?


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2159文字)


最近、企業に対する抗議が世の中を騒がせている。日本テレビの『明日、ママがいない』、キリンビール『本搾りチューハイ』のカエルを使ったCM、ファミリーマートの『黒毛和牛入り ハンバーグ弁当~フォアグラパテ添え』など。他にも大小さまざまあり、数え上げればキリがない。
 
さて、消費者等からの抗議への対応で大傑作なのが、この記事のタイトルにした「世の中、お利口さんが多くて疲れません?」の事例だ。そこからは「後手に回るな」という教訓を得ることができる。
 

Photo credit : SEO / CC BY-SA

Photo credit : SEO / CC BY-SA

 
続きを読む

スティーブ・ジョブズの不都合な真実!?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1921文字)


昨年公開された映画『スティーブ・ジョブズ』について、興味深い記事を目にした。GIGAZINEに掲載された映画「スティーブ・ジョブズ」に描かれなかったAppleの真実とは?という記事で、ジョブズとともにアップルコンピュータ(当時)を立ち上げたウォズことスティーブ・ウォズニアックからの反論だ。映画が公開されたときから「ジョブズの映画は間違っているところがたくさんある」とコメントしていた彼だが、今度は「女優カルメン・ペレスさんのGoogle+」で反論したらしい。
 
曰く、

 ●ジョブズがエンジニアやプログラマーであったことは一度もない
 ●Apple IIはウォズニアック氏が独力で開発した

など。これらの発言、ウォズ好きとしては全面的に支持したいが、冷静になれば事実は「神のみぞ知る」というのが妥当なところだろう。ウォズがこのような認識でいるのは間違いないとして、それを裏付ける根拠が示せそうにないからだ。
 

Apple

Photo credit : Sam Howzit / CC BY

 
それにしても考えさせられるのは、これだけ情報が豊富にある世の中になっても「事実」の同定がかなり難しいということだ。しかしそれでも、ビジネスで失敗したくないのなら、「事実」にこだわることは欠かせない。
 
続きを読む

「2014年の目標」は進捗管理を忘れずに!?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1971文字)


人間というのは不思議なものだ。日々過ぎ行く時間は連続しているというのに、あれこれ理由を持ち出しては時の流れに区切りを付けたがる。年末年始などはその最たるものだろう。この時季になると、旧年を忘れたり、新年を寿いたり、何かと慌ただしい。
 
あらたまの年を迎えて、ひとつ時間に区切りを付けた気になると、「今年の目標」などといったものを持ち出す人も多い。何らかの目標を定めてそれに向けて行動することは素晴らしいものの、自分のような現実志向の人間にとっては何だかむず痒く感じられる。特に個人が対外的に掲げる「今年の目標」は嘘っぽいような気がしてならない。白々しいと言うか、建前が過ぎると言うか。本気を疑ってしまう。
 
目標を立てること自体は良いとして、どうせやるなら「せめて本気で」と思う。本気で目標を達成したいのなら、目標の立て方を改め、その進捗管理を行なう必要がある。
 

Photo credit : Dan Moyle / CC BY Photo credit : Dan Moyle / CC BY

 
続きを読む

100万台は実売数? 大きな数値に気をつけろ!


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2345文字)


年末商戦を控え、新型ゲーム機が相次いで発売された。ソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション4」とマイクロソフトの「XboxOne」だ。ともに日本での発売は来年2014年となるが、ゲーム市場に大きな変化が見られる中、注目を集めるのは間違いないだろう。
 
さて、これら両商品について次のようなニュースがあった。
 ●ソニーのPS4、北米発売初日で100万台超販売|WSJ.com
 ●マイクロソフトの新型Xbox、初日の販売100万台超|WSJ.com
どうやら、それぞれ初日に100万台販売されたらしいのだ。
 
記事を読む限り、販売台数はマスコミ等の推測ではなく両社の発表。何らかの事実に基づいた数値なのだろうが、あまりに出来過ぎた話で「ホントかよ!」と突っ込みたくなる。にわかに信じ難い。
 

Photo credit : Alan O'Rourke / CC BY Photo credit : Alan O’Rourke / CC BY

 
続きを読む