タグ : 失敗

太ったおばさんが歌い出すまでは・・・


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1491文字)


ニューヨーク・ヤンキースの伝説的な選手、ヨギ・ベラが亡くなった。とは書いたものの、ヨギの選手時代はもとより監督時代さえよく知らない。知っているのはそのユニークな名言の数々だ。
 
中でも印象に残っているのは、ナシーム・ニコラス・タレブの『まぐれ』(ダイヤモンド社/2008年)で紹介されたこの言葉。

太ったおばさんが歌い出すまでは終わりじゃねえよ

「野球は九回ツーアウトから」や「勝負は下駄を履くまでわからない」と同じことだが、「太ったおばさん」のインパクトが強烈で記憶に残りやすい。
けだし名言であると思う。
 

ヤンキースタジアム

credit: krisr1 via pixabay

 
続きを読む

ビジネス書が(あまり)役立たない理由


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2150文字)

●A社は「○○○」をして成功しました。
●B社は「○○○」をして成功しました。
 ↓
●あなたの会社も「○○○」をすれば成功します。

これは、ビジネス書などでよく見掛ける論理の流れだ。要は、「成功者の真似をすれば成功します」という論法。「○○○」には、大なり小なりビジネスのやり方が入る。ハーバード流交渉術でも、Facebook活用でも、店頭の手書き立て黒板でも、何でもいい。当然のことながら、実際の本ではもう少しお化粧した書き方をしているが、突き詰めて行くと書いてあることはこのような論理の流れだったりするのだ。
 
「成功者の真似をすれば成功します」は一面の真理だが、無理がある論法なのも確か。同じ「○○○」をして成功できなかったC社やD社があるかも知れないし、成功の要因は「○○○」以外の他の何かだった可能性もあるからだ。この安易な論理の流れが、ビジネス書をあまり役立たないものにしているように思えてならない。
 

ビジネス

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

Chromeのブックマークが元に戻った!


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1564文字)


Google Chromeのブックマークが変更になった。ブックマーク マネージャの表示が、タイル形式から元のテキスト形式に戻ったのだ。タイル表示で使い難い思いをしていた人には朗報だろう。ブックマーク マネージャがタイル表示に変わったのはたった数か月前のこと(OS X版の場合)。かなり素早く、新しいアイデアを捨てたことになる(参考:Chromeの「ブックマーク マネージャ」がタイル表示からシンプルに戻る)。
 
企業が何かを変更したとき、それを元に戻すのは難しい。自社の失敗を認めることになるため、簡単に「やっぱり駄目でした」とはならないのだ。変更のために掛けた費用がもったいなく思えるし、失敗を認めれば責任も生じる。そして、社内の駆け引きや関係者のプライドもある。その結果、明らかに悪くなったように見える改変がそのまま放置されることも数多い。それをたった数か月で元に戻したのだから、Googleは素晴らしいと言えるだろう。他社とは違う文化があるのはと考えてしまう。
 

Chrome

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

その仮説は反証できますか?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1628文字)


テレビのニュースや新聞・雑誌の記事を見ていて引っ掛かるのが、「ロシアはこの冬を乗り切れるのか?」の類の言い回しだ。危機感を煽るための比喩的な表現なのだろうが、あまりに情緒的過ぎて意味がわからない。何をもって「乗り切れる」とするかが明確でなく、この言葉が問い掛けであれ、乗り切れないことへの懸念表明であれ、成立していなように思えてしまう。「日本経済はこの未曾有の危機を耐えられるのか?」でも、「マクドナルドはこの危機的状況から脱出できるのか?」でも同じことだ。
 
このような真偽の確かめようがない問い掛けは、何となくもっともらしく聞こえるものの、「言ったもん勝ち」の感が強い。何せ、言葉が曖昧で肯定も否定もできないのだから、無敵といえば無敵。そこを狙っているのかも知れないが、少し考えれば発言の無責任さに気付くだろう。つくづく、「反証可能性」の大切さに思い至る。
 

反対

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

パスワードの写り込みに要注意!


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1509文字)


先日、フランスのテレビ局がハッキングされる事件があった(参考:仏テレビ局、サイバー攻撃で放送不能に ISIS関与か|CNN.co.jp)。「イスラム国」による犯行と見られており、過激派組織には凄腕のハッカーまでいるのかと思ったが、どうやら少し様子が違うかも知れない。
 
後から出てきた情報によれば、原因は意外なところにあった可能性がある。ハッキングは「ゴミ箱あさり」から始まるという話もあるが、正にそれを地で行くような「リアルな世界」の原因だ。
 

 
続きを読む