タグ : 失敗

その原因は無能か? 悪意か?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1988文字)


先日、日本経済新聞にドコモ、ツートップ戦略の誤算 iPhone当面見送りかという記事が掲載された。日経新聞、iPhone、NTTドコモの組み合わせと言えば、毎年のように登場する「ドコモからiPhoneが発売に!」の飛ばし記事が記憶に残るが、今回はこれまでとは一味違う「見送り」バージョンとなった。
 
このような飛ばし記事が事実と異なるとわかると、必ずと言っていいほど陰謀論が登場する。「日経が株価を操作するために、記事を捏造した」」といった類の話題だ。問題が発生したとき、その原因として何の根拠もなしに誰かの陰謀を疑う人は多い。みずから陰謀論を考えるまで至らなくても、他人の陰謀論にちゃっかり乗ったりする。SNSでのやりとりが盛んになってきてからは、陰謀論が勢いをつけて広がるパターンもしばしば見受けられる。
 
さて、陰謀論を見るたびに思い出すのが「ハンロンの剃刀」だ。一文であらわすなら、

Never attribute to malice that which is adequately explained by stupidity.

無能で十分説明されることに悪意を見出すな

という警句になる(参考:ハンロンの剃刀|ウィキペディア日本語版)。上記の例で言えば、「日経新聞の能力不足」の可能性があるのなら、何も「記事を捏造した」と考える必要はないということだ。
 
この警句でも示される通り、問題の原因がわからないときは、根拠なく悪意を想定しないように注意しなければならない。なぜなら、悪意を疑っても損をするだけだからだ。
 

Photo credit : JD Hancock / Foter / CC BY Photo credit : JD Hancock / Foter / CC BY

 
続きを読む

ところで、Yahoo!グループの設定は大丈夫?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1672文字)


先日、Googleグループの利用で情報が漏洩する事故が報道された。
同サービスに送られた情報は、初期設定のままだと閲覧制限がかからないため、誰でも見られる状態になっていたのだ。システム側の欠陥ではなく、利用者側の設定ミスだと考えられるが、却ってそれだけに自分の周辺で起きても不思議がないように思う(参考:内部メール誰でも閲覧「グーグルグループ」利用|読売新聞)。
 
この報道を見て心配になったのが、他社サービスでの同様のトラブルだ。
例えば、Yahoo!グループは大丈夫だろうか。実はYahoo!グループを使っていて、ドキッとしたことがある。丈夫な金庫に入れたのに、扉を開けっ放しにしそうだったのだ。
 

Photo credit : Profound Whatever / Foter / CC BY-NC-SA Photo credit : Profound Whatever / Foter / CC BY-NC-SA

 
続きを読む

ヒューマンエラーは必ず起きる!


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2026文字)


新聞や雑誌を読んでいて違和感を覚えるのが、ヒューマンエラーへの理解の浅さだ。
「ヒューマンエラー発生 ⇒ チェックシステムが異常を感知 ⇒ トラブルを未然に回避」のパターンを、まるで大きな危険があったかのように問題視する記事は目に余る。トラブルに至らなかったのはたまたまなので、「ヒューマンエラーをすること自体がけしからん」ということらしい。
 
果たして本当にそうなのだろうか。
企業は「ヒューマンエラーをなくす」ことに注力すべきなのだろうか。この問いかけは熟考に値する。なぜなら、そもそもの問題設定を間違えれば事態の改善は望めないからだ。考えるべきテーマを間違えていては、いくら頭を悩ましても答えを出しても、それに見合った成果は期待できない。
 

photo credit : Alex E. Proimos via photopin cc

photo credit : Alex E. Proimos via photopin cc

 
続きを読む

Dropbox共有フォルダに必要な3つのルール


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2180文字)


Dropboxはかなり便利なツールだ。
フォルダに放り込むだけでバックアップになるし、そのフォルダを共有すれば複数のパソコンや複数の人たちが同じデータにアクセスできるようになる。一度使い出したら最後、二度と離れられなくなってしまう。最近は、誰と一緒に作業をするにしても「じゃあ、Dropboxで」となる。
 
一方で、Dropboxは使い難い。
共有フォルダの管理がなかなかうまくいかないのだ。多くの人が思い思いにファイルをつくると、似たような名前のファイルが増えてしまい収拾がつかなくなる。「必要なファイルが見つからない」、「最終版を使った筈なのに、実は再修正版があった」などの経験は、誰にでもあるだろう。フォルダの共有をやめるとき、必要かどうかわからない意味不明なファイルが大量にあって途方に暮れることもある。
 
Dropboxでは古いバージョンのファイルを一定数呼び出すことができるので、「ファイルが無くなった」、「上書きされてしまった」という最悪のトラブルは少ない。でも、この共有フォルダの管理不全によって、多くの無駄な作業が発生しているのも間違いないだろう。この状態を放置すれば、いつの日か悲劇を招くことになり兼ねない。
 
そう、Dropboxのフォルダ共有を有効活用したいなら、事前にファイル管理のルールを決めておくことが大切になる。いくら便利なツールでも、使い方を間違えればトラブルの温床になってしまうからだ。今回は、このルールについて考えてみた。
 

photo credit : Lightmash via photopin cc

photo credit : Lightmash via photopin cc

 
続きを読む

4Kテレビの絶望 なぜ同じ失敗を繰り返す?


この記事の所要時間: 520秒 〜 620秒程度(2896文字)


先日、米ラスベガスで世界最大の家電見本市 CES(セス/Consumer Electronics Show)が開催された。世界各国の有力企業が数多くの新製品やプロトタイプを発表する注目のイベントだ。イベント自体が大き過ぎてその総体をつかむことは難しいが、漏れ伝わってくる新製品のニュースだけでもワクワクするものがある。
 
CESでは、日本の大手電機メーカーもたくさんの新製品を発表した。
その中で首を傾げたくなるのが4Kテレビに関するニュースだ。4Kの「K」はキロ=1000を意味しており、横の画素数が約4000(正確には3,840)を超えるテレビが4Kテレビと呼ばれる。現在のフルハイビジョンテレビと較べても数倍の画素数となり、とにかく画質のきれいさが自慢のテレビなのだが、果たして誰がこれを欲しがるのだろうか。
 
テレビを画面の美しさで評価するなら、4Kテレビは良い商品だ。
しかし、マーケティングの世界の常識では、良いものが売れるとは限らない。売れるのは、いくら品質や性能が悪くても誰かが欲しいと思う商品なのだ。そして当然ながら、自社の技術力を誇示できる新製品を発売しても、売れなくては意味が無い。
 
技術力を重視する企業は、この手の失敗を繰り返している。
無駄に品質・性能の良い商品を発売して、「結局、売れませんでした」、「消費者が付いてこれなかった」、「発売が早過ぎた」というパターンだ。
 
企業に余力があるのならば、これを続けていつの日かの大当たりを夢見るのもいいかも知れない。高い技術力というブランドイメージが役立つという発想もわからないではない。しかし、今日の日本の家電メーカー、そして製造業全般に至っても、もうそんな余裕はないように思われる。
 
そこで、これ以上同じ過ちを犯さないために、なぜこのような失敗を繰り返すのか、その理由を考えてみた。
 

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

photo credit : Profound Whatever via photopin cc

 
続きを読む