タグ : イメージ

ビニール傘を考える


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1786文字)


最近、新しく発明した傘をビジネス化するというニュースをよく見掛ける。折り紙にヒントを得た「骨なしの傘」、空気で雨を吹き飛ばす「見えない傘」など。傘は生活に欠かせないものだからこそ、「さしていても濡れる」、「風が吹くと役に立たない」、「持ち歩くときに邪魔になる」など不満が尽きない。これらの顧客の声を新たなタイプの傘へのニーズと捉え、新発明がクラウドファンディングなどに持ち込まれるのだろう。
 
そこで、傘としてポテンシャルが高いと思うのがビニール傘だ。何せ、安くて、軽くて、見通しがいい。強い風が吹いて前に傘をさしているときでも、生地の部分が透明なので視界は良好。雨空からさす弱い陽の光も遮らないため頭の周りが暗くならず、気分もいい。無理に新しい傘を考え出すよりも、ビニール傘の改良に商機があるように思う。
 

傘

credit: B_Me via pixabay

 
続きを読む

Amazonが「エコ配」で届いた!


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1496文字)


日々いつも通りの生活をしていても、ちょっと驚かされることがある。先日は、Amazonで注文した商品がエコ配で届くというサプライズ(?)があった。エコ配の自転車は街でたまに見掛けていたが、自分のところに配達に来たのははじめて。それもAmazonからの荷物だったので、更にびっくりした訳だ。
 

delivery

credit: geralt via FindCC

 
続きを読む

先見せ動画広告は逆効果!?


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2347文字)


今年は「動画元年」と言われている。
こういうイメージ先行の言葉には注意した方がいいが、「動画元年」について言えば一理あるのも確かだ。動画の撮影や編集がスマートフォンなどで簡単にできるようになり、TwitterやFacebookも動画投稿に対応済み。ホームページに動画を組み込むことも難しくなくなり、今後その活用の幅が更に広がるのは間違いないだろう。今年が「元年」かどうかはわからないものの、このところ動画の活用が急速に進んでいることは実感している。
 
これに伴い、インターネット上で動画を広告に活用しようという取り組みも盛んになってきている。ホームページに動画広告が掲載されていることは既に珍しくないし、YouTubeなどの動画サイトには動画広告が付きもの。そして、つい最近ではニコニコ動画の先見せ広告導入が話題になった(参考:『ニコニコ動画』が動画再生前に30秒の動画広告を開始 プレミアム会員はオフに可能|ガジェット通信)。見たい動画を再生する前に出てくる、あのタイプの広告だ。
 
ただ、この動画広告。確実に広告を見せる有効な手段のようだが、出稿にはかなりの注意が必要になる。消費者の心の動きはそんなに簡単ではないからだ。
 

 
続きを読む

中小企業白書の表紙が「社長の顔」に!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1707文字)


以前、中小企業のイメージカラーはどんな色?という記事で、中小企業を象徴するイメージ画像がない現状を嘆いたことがある。画像検索をすると、「大企業」では高層ビル群が象徴的に出てくるのに対し、「中小企業」の検索結果はバラバラ。この具体性のなさが中小企業のとらえ難さを助長していると考えたのだ。このとき、中小企業の象徴としてイメージして欲しいと考えたのは、従業員などの「ヒト」。「大企業がモノやカネを想起させる超高層ビルなら、中小企業にはヒトしかないだろう」と書いている。
 

モザイク

Photo credit : Keith Hall / CC BY

 
さて、担当者がこの記事を読んでいたのではなかろうが、2014年の中小企業白書の表紙には「社長の顔」が使われるという。「集まった顔写真をすべて使い、コラージュ風の表紙を作る」ということなので、具体的にはこの画像のような「モザイク」になるのだろうが、「ヒト」の画像を使うのは間違いはない(参考:社長の顔見える「中小白書」…表紙掲載用の写真募集|読売新聞)。どんな画像になるのか、でき上がるまで楽しみだ。ぜひ、中小企業を象徴するような画像になって欲しいと思う。
 
続きを読む

ボルヴィックのラベルは剥がしにくい!


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1711文字)


資源ごみにペットボトルを捨てるときは、商品のラベルを剥がす必要がある。慣れればどうという作業ではないが、剥がしにくいラベルがあるとちょっとイライラするのは誰もが同じだろう。自分の場合、不器用かつ短気なので、先にボトルを潰して力ずくでラベルを抜き取ることも多い。ハサミやカッターを持ち出すことさえある。
 
さて、力ずくが必要になるのはいつもボルヴィックの1.5Lボトル。以前は普通に剥がせたのに、あるときから今の状態になった。ここでボルヴィックにケチを付けるつもりはないが、何十年と愛飲しているミネラルウオーターだけにかなり残念な感じがする。ミネラルウォーターはイメージ商品。こんな些細な不親切さでも、商品のイメージを損なわないか心配だ。
 

ペットボトル

Photo credit : dotjay / CC BY-SA

 
続きを読む