タグ : コツ・ツボ

データの「歪み」をはっきり見せる方法


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1546文字)


データから有効なメッセージを読み取りたいなら、その「歪み」に注目することが必要になる。前々回の記事(高齢者はクレーマー? データの見方に要注意!)でも書いたように、元々の構成比が多い層の比率は、ある特徴を持った人の構成比でも多くて当たり前。全体の構成比とそこに含まれる一部の構成比の差が、意味ある情報となる。この差こそが、ここで言うところの「歪み」。多くの場合、データの解釈は、比較をして「歪み」を見付けることではじめて可能になる。
 
ただし、全体とその一部を比較するときによく用いられる帯グラフからは、歪みがあまり読み取れない。

首都圏1都6県年代別人口構成比

これは2013年10月1日現在の首都圏1都6県の年代別人口構成比を比較した帯グラフだが、各都県の人口が全国と較べてどんな特徴を持っているかわかるだろうか(参考:各年10月1日現在人口推計|政府統計の総合窓口「e-Stat」)。もちろん、よく見れば「東京都は20歳代、30歳代、40歳代が多い」、「北関東3県では60歳代がやや多め」などとわかるが、パッと見ただけその傾向がわかる人は少ないだろう。歪みをはっきり示したいなら、それなりの見せ方が求められるのだ。
 

chart

credit: markusspiske via FindCC

 
続きを読む

Evernote、今度はスマート引用符でトラブル!?


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1731文字)


このブログの原稿はEvernoteを使って作成している。WordPressの画面に直接入力してもいいのだが、古くからの習慣でどうもしっくりこない。原稿作成はエディター等で作業して、WordPressではブログ公開のための作業だけをした方が気が散らない。今は、エディタ代わりにEvernoteを使っている訳だ。
 
さて、Evernoteで書いた原稿をWordPressにコピペすると、リンクがおかしくなることがある。どこか書き間違えたのだろうと思っていたが、何度も続くのでどうも変だ。毎回WordPressで直すのも面倒なので少し入念にチェックしたところ、原因は意外なところにあった。それがタイトルにも入れた耳慣れない言葉、スマート引用符だ。
 

quotation mark

credit: Orin Zebest via FindCC

 
続きを読む

「Wi-Fi」って何だ?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1978文字)


「Wi-Fi」は難しい。
毎日のように接する用語でありながら、言葉の輪郭がぼんやりしているとでも言おうか。「Wi-Fi」についての会話は、途中で何だか食い違い、曖昧に終わってしまうことがしばしばある。自分も含めて、「Wi-Fi」のことをよくわかっていない人が多いのだろう。
 

 
続きを読む

出生数100万人のポテンシャルは?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1655文字)


2014年の出生数は100万人を割る可能性がある。
先日の記事ではこう書いたものの、「出生数100万人」がどのくらいの数値なのかピンと来ない人も多いだろう。もちろん、100万人は100万人なのだが、こういう大きな数値というのはしっかりと捉え難いものだ。100万人と聞いて何となくわかったつもりになっても、数値のリアルな感触がなかなか掴めない。
 
では、「出生数100万人」はどのくらいの大きさの数値なのだろうか。
今回は、2つの方法でこの数値の持つ意味を説明してみる。
 

 
続きを読む

MSゴシックよりMeiryo UI!


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1401文字)


「社会人に聞いた、好きなフォントランキング」が発表された。

 1位 MSゴシック 40.0%
 2位 MS明朝 33.2%
 3位 HG丸ゴシックM-PRO 10.8%

フォントの好き嫌いには個人差があるとしても、かなり残念なランキングだ。MSゴシックとMS明朝が1位と2位では、Microsoft製品のデフォルトに従っているだけ。これでは「フォントについては手を抜いています」と告白しているようなものだろう。MSゴシックやMS明朝を「好き」とするようでは、他のフォントをほとんど知らないのではと疑ってしまう(参考:3位「HG丸ゴシックM-PRO」2位「MS 明朝」、1位は? 社会人に聞いた、好きなフォントランキング|マイナビスチューデント)。
 
Windowsユーザーは、どんな書類にもMSゴシックやMS明朝を使いたがる。標準フォントなので「無難」と考えているのだろうが、それでは何とかのひとつ覚え。書類を読む人への配慮が欠けている。トラブル回避の「無難」にこだわるにしても、実はWindowsには他にも標準で搭載されているフォントがあるのだ。ここは思いきって(?)、「Meiryo UI」を使ってみてはいかがだろうか。
 

font

credit: arkon12 via FindCC

 
続きを読む