タグ : ラベル

人の年齢は見掛けからわかるのか?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1344文字)


Microsoftが公開した年齢当てサイト・How-Old.netをご存知だろうか。一部で話題になったので、どこかで目にした方も多いだろう。How-Old.netは写真にうつっている人間の年齢を判定するサービスで、このホームページで使っている自分の似顔絵なら66歳。イラストだとしてもかなり残念な精度だが、サービスの発想自体はおもしろい。

似顔絵年齢

 
このサイトをよく見ると、そこには「HOW OLD DO I LOOK?」という説明書きがある。つまり、画像から判定しているのは「実際の年齢」ではなく「何歳に見えるか」なのだ。当たり前と言えば当たり前だが、ポイントはここにある。
 

年輪

credit: Antranias via pixabay

 
続きを読む

ビッカメにびっくり!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1704文字)


「ビッカメ」をご存知だろうか。自分もTwitterを見ていて気付いたばかりなのだが、ビックカメラのことをこう呼ぶ人がいるらしい。
 
ビックカメラの略称は「ビック」だと思っていたのでちょっとびっくりしたが、「ビッカメ」の語感は悪くない。案外、いつの間にか「ビッカメ」が定着するかも知れない。
 

bic camera

photo credit: 091008 via photopin (license)

 
続きを読む

「閉店セール」と自然淘汰


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1440文字)


年度末のせいもあってか、街を歩いていると「閉店のお知らせ」をよく見掛ける。長く続くビジネスの終わりには悲しいものもあるが、何ごとも始まりがあれば終わりがある。新たにオープンする店に期待することが、せめてものはなむけというものだろう。
 
さて、数か月前に「閉店セール」が大いに話題になった。「閉店セール」を掲げながら、実際には閉店しない店への問題提起だ。確かにその通りと思う反面、「別にいいじゃん」という感もある。「閉店セール」が悪いものなら、自然淘汰されると考えるからだ。
 

closie-down sale

credit: Tom Hickmore via FindCC

 
続きを読む

フロッピーアイコンよ永遠なれ!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1701文字)


コンピュータやアプリケーションがどれだけ進化しても、「保存」となればフロッピーアイコンだ。今ではほとんど使っている人がいないであろうフロッピーディスクの絵姿が、Microsoft Ofiiceをはじめとする数多くのアプリケーションに残っている。そのデザインは間違いなく3.5インチフロッピー。ディスクを差し込んだときの「カシャッ」という音が懐かしい人も多いだろう。
 
さて、今どきフロッピーディスクにデータを保存することは考え難く、第一感ではフロッピーアイコンはかなりおかしな存在となる。別のアイコンに置き換わってしかるべきのように思うし、また確かにそういう動きもあるようだ。しかし、本当にそうだろうか。改善できる箇所が見付かったからといって、何もかも改めればいいというものではない。
 

floppy

credit: Chris Devers via FindCC

 
続きを読む

セルフィースティックは「セルカ棒」に決定!?


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1463文字)


まったく新しいタイプの商品は、何と呼んでいいかが難しい。ネットで検索するにしても、誰かに説明するにしても、お店で買うにしても、まだあまり一般的になってないモノはその名前に困ってしまう。多くの人が認識している共通のラベルがないと、新商品のことを伝えるのは案外大変だ。

一方、新商品を売り出す側からすれば、うまいネーミングをしてそれを一気に浸透させる必要がある。商品についての情報をやりとりするとき、キーとなるラベルがあるとないとでは大違いだからだ。商品名が直接その商品ジャンルをあらわすようになれば最高だし、そうでなくても誰もがわかるジャンル名が欲しいところ。いつまで経っても呼び方が定まらない商品は、なかなかヒットしないように思う。
 
最近、名前の行方が気になっていたのがセルフィースティックだ。こう言われてもピンと来ない人がいるかも知れないが、少し離れたところ、ちょっと高いところからセルフィー(自分撮り)するための専用の「棒」のこと。以前、このブログでは「ナルシストの棒」として紹介した(参考:自分撮り用「ナルシストの棒」は売れるのか?)。
 
さて、当初はいくつもの呼び方が混在していた印象のセルフィースティック。段々と「セルカ棒」という呼び方が定着しつつあるようだ。
 

selfie stick

credit: R4vi via FindCC

 
続きを読む