タグ : マーケティング発想法

娯楽の王様はテレビではなく動画だった!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1702文字)


2016年は「動画元年」だという。2014年も2015年も「動画元年」だったように思うが、そんな細かなことは気にしても仕方がない。動画に期待や注目が集まりながらも、その力をまだ存分に活かしきれていないというのが妥当な現状認識だろう。
 
とは言え、動画元年の影響は既にデータにあらわれている。通信機器大手・エリクソンが発表したレポートによれば、動画がモバイルデータ通信量に占める割合は2015年で約50%になっているというのだ。更に、2021年には、動画に使う通信量は2015年の10倍となり、モバイルデータ通信量の7割を占めるまでになるという(参考:世界のモバイルデータ通信量、21年までに10倍に=エリクソン|Reuters)。その力を活かしきれているかは別にして、動画がインターネットでたくさん見られているのは間違いない。
 
このデータから感じるのは、人は動画好きだということ。テレビの衰退が言われているが、そこで流されている「動画」は人気者のままなのだ。テレビと動画の関係は、「ドリルと穴」なのかも知れない。
 

ビデオ

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

写真がラテに!「フォトラテ」ははやるのか?


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1456文字)


茶色いエスプレッソコーヒーの上に、白いラテ = スチームミルクで絵を描く「ラテアート」。その画像をSNS等で話題にしやすいことも手伝ってか、ここ何年かで急速に広まりつつあるように見える。Google Trendsで確認する限り、ラテアートの初出は2008年1月で、ピークは2013年12月(2016年2月現在)。ピーク後も検索量は一定の水準を保っており、一時のブームだったものが着実に根付いて来ている感じだろうか。寒くなって温かい飲み物が恋しい季節になると、検索量が増えるようだ。
 
さて、このラテアート人気に乗っかる格好で、ネスレ日本から新しいラテマシンが登場した(参考:写真がそのままラテアートに ネスレ日本の「フォトラテ」|AFPBB News)。このマシンを使えば、写真をそのままラテにする「フォトラテ」をつくることができる。人の手に頼ることなく、常に「画質」の高いラテアートを提供可能になるのだ。
 
ただし、「画質」の高いラテアートが利用者にうけるかというと、そこは未知数。カフェラテに描かれる絵の品質向上は、提供側の独りよがりに終わる可能性もあるように思う。
 

カフェラテ

credit: StockSnap via pixabay

 
続きを読む

人はApple Watchを買うんじゃない!


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1741文字)


スティーブ・ウォズニアックはApple Watchを持ってないらしい。古くからのAppleファンにとってはショッキングなニュースだが、実はどうということのない話。既に(社員割引で)Apple Watchを注文したものの、ウォズの手元にまだ到着してないだけとのこと。Appleの新製品といえば店舗にできた行列の先頭にウォズがいるのが恒例だったが、Apple Watchの販売形態ではこれができない。「行列をつくらせない」というAppleの新方針(?)が、思わぬ影響を及ぼした訳だ(参考:ウォズニアックはApple Watchを(まだ)持っていない|ギズモード・ジャパン)。
 

Apple Watch

credit: charlie0111 via pixabay

 
Appleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアックは、一部の人にとってアイドルのような存在だ。伝説のエンジニアであるウォズが、Appleやその他の会社の新製品にどのようなコメントをするのか楽しみにしている人も多いだろう。大所高所からのしがらみがない発言には、しばしばハッとさせられるものがある。
 
今回について言えば「You don’t buy a watch. You buy a band(人はApple Watchを買うんじゃない、バンドを買うんだ)」という部分が凄い(原文は「Apple Watch」ではなくただの「watch」だけど・・・)。あくまでシャレで言ったようだが、なかなか核心を突いている。
 
続きを読む

「若者のFacebook離れ」はなぜ起きる?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1885文字)


若者の間でFacebook離れが起きているらしい。「たった6カ月間で10代のFacebookの利用者が、72パーセントから45パーセント」になったというのだから、穏やかでない。Facebookの代わりに10代が利用するSNS第1位となったのは、画像共有サイトのInstagramだという。
 
実はこれ、アメリカでの話。出典がロケットニュース24(落ち目の傾向!? 72% → 45%と10代のFacebook離れが顕著に / Instagram人気の上昇と踏ん張るTwitter)ではあるものの、ソースが米投資銀行のレポートなので一定の信頼はおけるだろう。出る杭は打たれるとは言え、最近、Facebookについてはその成長を疑問視するようなデータが多い。Facebookも、一時期ほどの快進撃でなくなったのは間違いないように思われる。
 
では、なぜFacebookから人が離れてしまうのだろうか。
今回は、これを考えてみることにする。
 

facebook

credit: kropekk_pl via FindCC

 
続きを読む

カセットテープ型ICレコーダーは誰が買う?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2082文字)


パナソニックから発売されたICレコーダー「RR-SR30」が話題になっている。
Engadget日本語版週アスPlusマイナビニュースなど、いくつものニュースサイトで紹介されたので、ご覧になった方も多いだろう。
 
このICレコーダーの特徴は、ズバリそのデザイン。「RR-SR30」はカセットテープを模してつくったICレコーダーなのだ。全体の見た目は、カセットテープそのもの。更に、「ボタンをテープレコーダーのように配置」し、「録音・再生時には画面に表示されるリールハブのイラストが回転し、録音・再生していることが視覚的にわかりやすく」表現している。正に、カセットテープを使い慣れた人向けのICレコーダーと言える(参考: ICレコーダー RR-SR30を発売|プレスリリース|パナソニック)。
 
ただ、このICレコーダー。正直に言ってしまえば、「おもしろいけど残念な商品」という印象だ。他のICレコーダと差別化はできているものの、その差別化要因がターゲットに届かないように思えてならない。そうなると、「誰も買わない」商品になってしまう。
 

cassette tape

credit: kitakitts via FindCC

 
続きを読む