タグ : メッセージ

なぜスタバはコーヒーの量を減らしたのか?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1950文字)


スターバックスが一杯あたりのコーヒーの量を減らしたことをご存知だろうか。
 
ブルームバーグが数日前に報じたもので(参考:スターバックスがコーヒーの量を減らしていた-不満の声も)、スターバックスはコーヒー減量の理由を「容器いっぱいに注ぐとこぼれやすく、またミルクを入れるスペースがないなどとの指摘に応えたもの」と説明している。ただし、「今回のコーヒーの量の改定は日本のみ」なので、こぼれやすいという理由付けにはかなりの無理がある。日本人だけ、こぼしやすいとでも言うのだろうか。
 
容量変更の説明も後手に回った。
当初、何も告知せずにコーヒーを減量し、ブルームバーグの指摘を受けてから告知を始めたらしいのだ(参考:スターバックス:コーヒー減量、国内全店で告知始める-報道を受け)。事前に、目立たないようにでも告知しておけばこんな書かれ方をすることはなかっただろうから、広報の失敗と言えよう。
 
業績好調のスターバックスだけに、批判的に見る人も多い。
そんな中で、この手のことをすれば必要以上に叩かれる可能性がある。今回は取り上げたのがブルームバーグだったので大した広がりはなかったが、テレビや週刊誌に興味本位で取り上げられていれば大騒ぎになった可能性も高い。そうなると、ブランドイメージが傷付き兼ねない事態になる。
 
では、なぜスターバックスはそこまでしてコーヒーの量を減らしたかったのか。
今回はこれを考えてみる。
 

photo credit : osamukaneko via photopin cc

photo credit : osamukaneko via photopin cc

 
続きを読む

パーセントで考えるべき3つの理由


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2143文字)


インターネットを見ていると、「リツイート1万件超え」、「100万ダウンロード達成」などの惹句を目にすることがある。大きな数値は刺激的で、ついつい直感的に「凄い!」と思ってしまうが、こういう表現には充分な注意を払った方がいいだろう。これらの数値はあくまで実数であって、パーセントではないからだ。
 
実数は魅力的だ。
「リツイート1万件超え」とあれば、1万人がツイートしている姿を思い浮かべることができる。「凄い!」と思うのはこのリアリティによるものだろう。一方で、「40%から支持を集める」はメッセージとして弱い。10人中4人が支持しているという状態の凄さが伝わりにくいのだ。
 
しかし、それでもパーセントで考えることは重要だ。
実数だけではわからない部分がたくさんある。
今回は、実数ではなくパーセントで考えるべき3つの理由を紹介しよう。
 

photo credit : ralphunden via photopin cc

 
続きを読む

Windows 8入れたのにタッチ操作できない!?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2084文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
季節は秋。
クリスマス商戦を控え、IT各社が続けざまに新商品を発表、発売しています。
 
その最中、10月26日にマイクロソフトがWindows 8を全世界で発売しました。
Windows 7からユーザーインターフェースを大幅に変更し、直感的なタッチ操作が可能という触れ込みです。
 
今後、パソコンからタブレット端末への切り替えが進むという見立て(?)がある中、タッチ操作に対応していることを強調するのは当然でしょう。しかし、そのせいでおかしな勘違いが起きているようです。正に今回の記事のタイトルなのですが、「Windows 8入れたのにタッチ操作できない!?」という苦情が出ていると言うのです(参考:ああ勘違い、「報道が悪い」の声も Windows 8入れてもタッチパネルに「変身」しません|J-CASTモノウオッチ)。
 
正直、「苦情が出ている」の類はどこまで本当なのか裏付けを取れないので半信半疑なのですが、「さもありなん」という話です。「機器がタッチ操作に対応していなければタッチパネルにならなくて当然」と言うのは、わかっている人間の論法です。パソコンやタブレット端末の利用の裾野が広がり、かなり「わかってない人」も電子機器の恩恵をこうむっている現状を考えると、こんな話があっても何ら不思議はありません。
 
今回は、この何ともおかしな現象をカテゴリー適用法と結び付けて考えてみます。
 

photo credit : Yogesh Mhatre via photopin cc

 
続きを読む

ソフトバンク 12.0% vs au 88.0%


この記事の所要時間: 230秒 〜 330秒程度(1462文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
9月21日のiPhone 5発売から約1か月。
株式会社イードが「iPhone 5 通信会社選択の満足度に関する調査」の結果をリリースしました。ソフトバンクモバイルとauでiPhone 5を購入した各250名が対象の自主調査で、「通信会社の満足度」「LTE(高速通信サービス)の満足度」「各通信会社の選択理由」などを質問しています。通信会社の満足度でauがソフトバンクを15ポイント引き離すなど、おおむね「au強し」という結果になっているようです。
 
さて、このリリースの最後にMNP(番号持ち運び制度)についての質問が紹介されています。iPhone 5購入者中のMNP利用比率はソフトバンクで5.6%、auで41.2%。ソフトバンクモバイルとauを比較する流れなのでこの見方になりますが、わかるようなわからないような数値です。誰もが知りたいのは、このデータよりもう少しピリッとした数値ではないでしょうか。
 


photo credit : smjb via photopin cc

photo credit : smjb via photopin cc

 
続きを読む

Googleでできる、たった3つのこと


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(816文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 

Photo by edudemic.com

 
これは、Googleの多彩な機能を紹介するインフォグラフィックです。
掲載されている機能が多いため縦長になっていますが、各機能の説明は3つずつ。とても端的なインフォグラフィックと言えるでしょう。冗長でないところが佐々木の好みです。
 
続きを読む