タグ : ニーズ

喫煙席を花粉症席に!


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1382文字)


花粉が飛んでいる。本格的な飛散はまだ先という情報もあるが、花粉症患者の鼻は敏感だ。自分の場合、今年2016年の花粉症初日は1月15日。既に、マスクと花粉症薬が手放せない状態になっている。
 
花粉症の時期に困るのが飲食店。食べ物、飲み物を口にするためにマスクを外す必要があり、普段より多く花粉を吸い込む可能性があるためだ。実は、今年の花粉症発症もこのパターンだった。出入りの多いコーヒー店で自動ドアの近くの席に座っていたら、翌朝には鼻水が止まらない状態に。「まだ大丈夫」という油断が惨事を招くことになった。
 
当然、花粉の飛散が多くなると、飲食店の選び方が違ってくる。花粉があまり入ってこない(ような気がする)ことが店選びの第一条件となるのだ。自動ドアより手動ドア、路面店よりビル内にある店、人の多い店より少ない店、・・・。大袈裟に聞こえるかも知れないが、花粉の酷い時期には案外深刻な問題となる。
 
花粉症の程度は人それそれとはいえ、彼ら彼女らが少しでも花粉の少ない場所を求めているのは間違いないだろう。つまり、花粉レスエリア(?)にはニーズがある。このニーズをうまく満たせば商機になるかも知れない。
 

くしゃみ

credit: stevepb via pixabay

 
続きを読む

オーブン付きピザ宅配車と「そもそも」視点


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1285文字)


アメリカのドミノピザが、またまたイノベーション(?)を起こした。「なにがなんでもアツアツのピザをお届けする!」ために開発されたピザ宅配車「Domino’s DXP」は、運転席以外の部分すべてにオーブンを内蔵。「温めながら最大80枚のピザをデリバリーすることが可能」だという(参考:またドミノピザ! ドミノピザが今度はオーブン付きの宅配車を開発|ギズモード・ジャパン)。
 
さて、一般にある商品ジャンルが成熟すると、その競争軸はボンヤリする。どのメーカーのどの商品を選んでも、大した差がなくなってしまうのだ。そこで考え出されるのが、他メーカーの商品と差別化できるような新機能。商品ジャンルが成熟して機能は充分出揃っているのに、更に新しい機能が搭載されることになる。追加される機能の中には素晴らしいものもあるが、消費者のニーズにフィットしてないメーカーのひとりよがりのような新機能も多い。
 
そんなとき、「そもそも」に立ち戻るのはひとつの方法だ。新たな競争軸を探していると、視野狭窄に陥り、細部ばかりに目が行きがち。これを打開するために、「そもそも」視点は役に立つ。つまり、トッピングが豪華でなくても、生地に特別な工夫がされていなくても、「アツアツならピザはおいしい」という立ち位置だ。誰も、冷めたピザなど食べたくないだろう。
 

ピザ

credit: shinichi4849 via pixabay

 
続きを読む

「若者のFacebook離れ」はなぜ起きる?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1885文字)


若者の間でFacebook離れが起きているらしい。「たった6カ月間で10代のFacebookの利用者が、72パーセントから45パーセント」になったというのだから、穏やかでない。Facebookの代わりに10代が利用するSNS第1位となったのは、画像共有サイトのInstagramだという。
 
実はこれ、アメリカでの話。出典がロケットニュース24(落ち目の傾向!? 72% → 45%と10代のFacebook離れが顕著に / Instagram人気の上昇と踏ん張るTwitter)ではあるものの、ソースが米投資銀行のレポートなので一定の信頼はおけるだろう。出る杭は打たれるとは言え、最近、Facebookについてはその成長を疑問視するようなデータが多い。Facebookも、一時期ほどの快進撃でなくなったのは間違いないように思われる。
 
では、なぜFacebookから人が離れてしまうのだろうか。
今回は、これを考えてみることにする。
 

facebook

credit: kropekk_pl via FindCC

 
続きを読む

100%受け取れるメールアドレスが欲しい


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1719文字)


ここ2回ほど、メール障害対策について書いてきたが、要は「100%受け取れるメールアドレスが欲しい」ということに尽きる。人との連絡をメールに頼る割合が増える中、受け取れていないメールがあるかも知れないなどという心配はしたくない。つまりは、メール未着のリスクをヘッジしたい訳だ。そのテクニカルな議論はさておき、「100%送受信保証」のメールアドレスは「ビジネスのタネ」になり得るように思う。
 

100

credit: OpenClips via FindCC

 
続きを読む

ビジネスのタネを見付ける方法


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2408文字)


日々仕事をしていて感じるのが、ビジネスのタネを見付けようとすることの大切さだ。ここでビジネスのタネとは、「これは商売になるかも知れない」という気づきのこと。玉石混淆どころか石石混淆でも構わない。自分や他人が何か欠乏感を感じたり、困った状況に陥ったりしたとき、それをどう解決するか、どうやったらビジネスにできるかを考えることは、ビジネスマンに必要な素養だと思われる。
 
正直に言ってしまえば、自分には、次にどのようなビジネスが成功するかはよくわからない。世の中には、次に来るビジネスがわかると言う人もいるが、その多くは張ったりをかましているだけだろう。ビジネスは、やってみなければわからないというのが本当のところ。それならば大切なのはトライアルアンドエラーだ。そして、試行錯誤するには、トライアルする何かが必要になる。要は、ビジネスのタネをたくさん見付けるということだ。
 

 
続きを読む