タグ : 楽しくなければビジネスじゃない!

独立診断士は名刺交換も本気です


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1451文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
独立開業してから名刺交換の大切さを痛感しています。
 


会社員とは名刺交換の意味付けが違う


会社に勤めているときは、半ば儀礼的に名刺交換をしていました。
特にお互い知っている会社同士の場合などは、所属部署、肩書き、連絡先を知らせることが主な目的です。会社の名刺に勝手な文言を付け加えられないというのもありますが、名刺交換で自己アピールするなどあまり考えませんでした。アピールは、相手と関係をつくる中で行なうことと考えていて、名刺交換とはほとんど結び付いていなかったのです。いま思えば、会社という大きなバックボーンに支えられて行なっていた名刺交換だったのでしょう。
 
ところが、独立して仕事をするようになると状況がまるで違います。
名刺交換は自己アピールのための手段です。「自分がどこの誰で何ができるのか」をゼロから説明して、興味を持ってもらうことが必要になります。独立診断士にとっては、名刺交換もある種のプレゼンテーションなのです。
 

photo credit : mattedesign via photo pin cc

photo credit : mattedesign via photo pin cc

 


名刺は受け取る人の立場でつくる


名刺を自己アピールのための道具と考えると、名刺に少しでも多くの情報を詰め込みたくなります。しかし、これはよく考えて行なわなければなりません。マーケッターたるもの常に消費者(この場合は名刺を受け取る人)の立場で考えるからです。名刺の受け取り手は、自己アピールのための自己紹介がたくさん書いてある名刺をもらってベネフィット(便益)を感じるでしょうか。話の接ぎ穂にはなるでしょうが、あまり多いとどこから話して良いのかわかりません。きっと、いくつかのキーワードを知らせた方が相手のベネフィットは高まります。名刺に書いてある情報量が多過ぎて、もらった人が目をキョロキョロさせて迷っている場面さえよく見ます。これではいけません。
 
情報をデザインして、①興味をひく切っ掛けにしたい端的な情報と、②それらに興味を持った人に読んで欲しい情報を整理してレイアウトする必要があるのです。簡単なことではありませんが、このデザインをしっかりしたいと考えるようになっています。
 


名刺交換も量より質


独立開業した当初は、一人でも多くの人と名刺交換しようと考えていたのですが、最近はコレも変わってきています。大勢集まったところで大量に名刺を配っても相手はあまり覚えていないからです。近ごろでは、たくさん人がいる場所でも少人数に対してしっかり話をして名刺を渡すことを心掛けています。名刺交換の量を目指しても、得られるものは限られると考えているからです。
 


何ごとも一から考え直す


さて、いろいろ書きましたが、独立診断士が名刺交換一つをとっても本気で考えていること、わかっていただけたでしょうか。
 
会社員と独立診断士では、同じビジネスという土俵で仕事をしていても、モノの捉え方が大きく異なります。このとき、会社勤めで身に付けた常識をが邪魔になることがあります。極めて矮小な例ですが、今回取り上げた名刺交換などもこれにあてはまるでしょう。
 
独立したからには、何ごとも一から位置付けを考え直す必要がある。
そう考えています。

女性は化粧品ではなく希望を買っている


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1319文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
さて、佐々木は「マーケティング好き」を公言して憚らないのですが、そのきっかけとなったのが「マーケティング近視眼」という論文です。学生時代、『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』誌に掲載されたものを読みました。元々1960年に書かれたものが再掲されたのですが、まったく古びていませんでした。50年以上前の論文が、今読んでも刺激的です。
 
この論文を書いたのがセオドア・レビットです。ダイヤモンド社曰く「マーケティング界のドラッカー」なのですが、日本ではあまり知られていません。細かなノウハウではなく、マーケティングの底流となるような考え方を説明しているため、実用的でないと思われるのでしょう。先日のスキルをセンスと勘違いしてませんか?で紹介した「スキルとセンス」のフレームで考えるなら、スキルではなくセンスに寄った話と言えます。だから、受け入れられないのかも知れません。残念なことです。
 
レビットは

 顧客は商品を買うのではない。
 その商品が提供するベネフィットを購入しているのだ。

と主張します。
 
ベネフィットとは便益、つまり顧客が受け取る利益のことで、金銭的な利益以外も含めて考えます。『マーケティング近視眼』の中の事例で言うと、鉄道会社が提供している便益は鉄道ではなく移動手段、映画会社が提供している便益は映画ではなくエンタティメントのコンテンツということになります。マーケティングという時の流れに振り回されやすい分野について、こういう原理的な考えをする姿勢に惚れました。
 
『レビットのマーケティング思考法』(セオドア・レビット/ダイヤモンド社)の中では、こうも言っています。

 なるほど、女性は化粧品を使う。
 だが女性は化粧品を買うのではない。希望を買っているのである。

痺れるくらいに格好良いですよね。そう、あの商売は希望を売っているのです。だから、あの商品構成、価格設定、広告戦略で良いわけです。
 


photo credit : 写真素材 足成

 
こういうモノの見方を、ちょっと前や今現在売れているものに当てはめて考えることも有効です。例えば、フロッピーディスク。「情報交換のためのメディア」と捉えてMOやCDに置き換わるのは予想できましたが、それではまだ甘かったようです。今のようにほとんどメディア自体を使わずインターネットに頼る時代になることは予想できませんでした。求められているのはメディアではなく「情報交換すること」自体だと考える必要があったようです。
 
今ならFacebookやTwitterについて考えるのもおもしろいでしょう。
現在はもてはやされていますが、利用者は別にあれらのサービス自体を求めているわけではありません。いろいろな人とのつながりや情報交換の場が欲しいだけでしょう(やや単純化し過ぎですが)。近い将来、まったく新しいサービスに置き換わる可能性は案外高いのではないかと思っています。
 
皆さんも、たまにはこのモノの見方でいろいろ考えてみてはいかがでしょうか?

なぜ、神楽坂マーケティング事務所なのか?


この記事の所要時間: 120秒 〜 220秒程度(913文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
そして、自分は神楽坂マーケティング事務所の代表でもあります。今回は、なぜ事務所をこの名前にしたのか説明します。実は深い理由(?)があるんです。
 

photo credit : 街画ガイド

 
昨年、自分は中小企業診断士として独立開業し、晴れて個人事業主となりました。
このとき必要になったのが「屋号」です。屋号なしでも開業はできますが、何だか締まりません。会社人間を長くやっていたせいか、所属先がないと落ち着かないのです。そこで、事務所を構えているわけでも従業員を雇っているわけでもないのに、取りあえず「職場っぽい名前」を付けることにしました。「代表」なのは一人ぼっちの事務所だからです。
 
最初に考えた屋号は佐々木中小企業診断士事務所でした。
変に格好つけた名前はうまくはまらないとかえって見っともないので、オーソドックスなネーミングがふさわしいと考えました。これで開業届を提出するつもりだったのですが、ふと考えたのが屋号の有効活用です。佐々木孝という中小企業診断士をより深く印象づけるために屋号を使えないか? そう考えました。
 
自己紹介をする時、自分の名前が佐々木孝であること、中小企業診断士であることと一緒に屋号を伝えます。このとき佐々木中小企業診断士事務所では、記憶に残る要素は

 ①佐々木
 ②中小企業診断士

の2つだけです。
 
屋号を神楽坂マーケティング事務所にすると、これに

 ③神楽坂
 ④マーケティング

が加わります。
 
他の商売同様、中小企業診断士にとって名前を覚えてもらうことはとても重要です。プラスアルファの要素が多いほど覚えられやすいのは間違いありません。2つ要素が増えることは大きな価値です。特に「神楽坂」にはいろいろな思い入れのある人が多く、話が広がります。今は、神楽坂マーケティング事務所にして良かったとつくづく思っています。
 
まあ、たったこれだけの話なのですが、こんなネーミング一つを取ってみてもビジネスではアイデアを考え出すことが効果を生みます。やっぱりビジネスは楽しいですね。

楽しくなければビジネスじゃない!


この記事の所要時間: 030秒 〜 130秒程度(478文字)

 
サイト、オープンしました。
中小企業診断士 佐々木孝のビジネスサイト、
略してささびずです。
 
 
 
ここでは、ビジネスについてのあれこれを書き連ねます。
アンケート調査、データ活用、マーケティングといった専門分野の話題はもちろんのこと、ビジネスに関するトピックなら「何でもアリ」で取り上げる予定です。
 

ニンジン目当てに走る馬よりも、走るのが好きで走る馬の方がいい仕事をする

この警句をご存知でしょうか。
自分の場合、餌の「ニンジン」も欲しいですが、それより何よりビジネスについて考えることが「好き」で「好き」で仕方ありません。そこで、実際にビジネスを楽しんでいる姿を見ていただき、いい仕事をしそうかどうかの判断を仰ごう。そう考えて、このサイトを立ち上げました。本サイトのキャッチコピー 楽しくなければビジネスじゃない!には、「ビジネスをするなら、とことん楽しもう」という気持ちを込めています。
 
ささびずは、ご覧の皆さんにも「楽しい!」と思っていただける場を目指します。
ぜひ、ご期待ください。