タグ : 楽しくなければビジネスじゃない!

キラキラ企業名で失敗しない方法


この記事の所要時間: 40秒 〜 50秒程度(2247文字)


民主党と維新の党が合流してできる新党の名称がそろそろ決まりそうだ。党名候補は、立憲民主党、民進党の2つ。「両党は12、13両日に世論調査を実施し、14日に支持が多かった方の党名の採用を発表する」という。
 
当初の報道にあった
 ●世論調査の結果を参考に話し合いで決定
ではなく、
 ●支持が多かった方の党名の採用
なら、かなりオープンな選考方法と言えるだろう(参考:「立憲民主党」か「民進党」か…世論調査開始へ|読売新聞)。
 
党名選考の過程でおもしろいのが、維新の党・江田憲司前代表の「キラキラ党名」発言。

『みんなの党』や『結いの党』のような“キラキラネーム”ではなく、政治理念や政治信条を化体した本格的な名前にしていかなければならない。

(参考:「新党名は“キラキラネーム”じゃダメ」 維新の江田憲司前代表|産経ニュース

と述べたというのだ。政党名にもキラキラネームがあるという着眼点はなかなか鋭い。具体名を挙げたのは感心しないが、納得できるところはあるように思う。
 
さて、キラキラ人名、キラキラ党名に負けず劣らずあるのが「キラキラ企業名」だ。差し障りがあるといけないので例を出すのは控えるが、誰もがキラキラ企業名と聞いて思い付く企業の1つや2つはあるだろう。一部の人は、何かネーミングをするとなると、自然とキラキラさせたくなるらしい。今回は、このキラキラ企業名でやらかさないため、未然に防止する方法を考えてみる。
 

bad

credit: Ramdlon via pixabay

 
続きを読む

北野天満宮に学ぶ行列解消法


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1439文字)


学問の神様として親しまれている北野天満宮が、行列の解消に成功した。毎年、受験シーズンに見られる本殿前の長蛇の列が、今年は短くなったという。これで参拝客が減っていないなら、かなりの効率化と言えよう。混雑を知って北野天満宮を避けていた人たちが参拝に来るようになれば、売上向上となる。神社には不似合いな言葉が並んだが、要はそういうことだ。
 
行列解消のポイントは、後から考えれば「やって当たり前」の工夫の成果。しかし、当たり前だからこそ、この事例に学ぶところは多い。
 

人間

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

ザッカーバーグが考えるTwitterの立て直し方


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1616文字)


ソーシャルメディアは栄枯盛衰が激しい。満つれば欠くるを地で行くように、各サービスが繁栄、衰退を繰り返している。ただいま絶好調のFacebookやLINEでさえ、一寸先に闇が待っていもおかしくないのがソーシャルメディアの世界だろう。
 
現在、まさにその闇につかまっているのがTwitterだ。アクティブユーザー数の伸びが市場の期待に応えられず、株価は上場来安値を更新中。日本でだけ「異常な人気」があるので気付きにくいが、共同創業者のジャック・ドーシーがCEOに復帰してもなお、Twitterの苦戦は続いている。
 
さて、そのような状況の中、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOに、

 あなたがTwitterのCEOだったら、今の状況をどう解決しますか?

と質問をする強者があらわれた(参考:FacebookのザッカーバーグCEO、「TwitterのCEOだったらどうする?」に答える|ITmedia ニュース)。ザッカーバーグが不定期に実施しているユーザーとのミーティングでのこと。苦笑しながら答えたというザッカーバーグの回答には、多くのビジネスに役立つヒントがありそうだ。
 

socialmedia

 
続きを読む

宅配ボックスと印鑑とイノベーション


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(1979文字)


今の世の中、宅配便がなくては生きていけないという人も多いだろう。宅配便の取り扱い個数は2014年の統計で36億1379万個(参考:平成26年度 宅配便取扱実績について|国土交通省)。1日あたり1000万個弱の荷物が配達されており、国民1人あたりにすれば1年で約30個という計算になる。実際には企業間の荷物も多いとしても、すごい個数であることに変わりはない。民間企業が担っているとはいえ、全国に広がる宅配網は日本の社会を支えるインフラのようなもの。この効率を上げよという取り組みが、官民協力のもとに進められている。
 
宅配便効率化の議論では、再配達率を下げることがひとつのポイントになっている。ひとつの荷物を届けるのに、2度も3度も訪問するより1度で済んだ方が効率がいいのは間違いない。「再配達なし」の場合はポイントを貰えるなど、いろいろなアイデアが展開、実験されているようだ。
 
再配達を減らすために役立つと期待されているが宅配ボックスだ。これを導入すれば、受取人が留守でも宅配ボックスに荷物を入れれば配達完了となるため、不在が理由の再配達がなくなる。最近のマンション等では、標準設備となりつつあるようだ。
 
さて、パナソニックから新しい戸建住宅用の宅配ボックスが登場した(参考:パナソニック、捺印機能まで完備した戸建住宅用の宅配ボックス|家電Watch)。この商品の目玉(?)は、シャチハタを使った捺印機能だという。必要は発明の母なのかも知れないが、この機能を何とも馬鹿馬鹿しく思うのは自分だけではないだろう。
 

宅配便

credit: Skitterphoto via pixabay

 
続きを読む

女性のプログラマーは優秀なのか


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1558文字)


広義に考えるなら、プログラマーとは「コンピュータのプログラムをつくる人」のことだ。この定義では、職業としての各種プログラマーだけでなく、趣味で書いている人、学校で習っている人などもプログラマーとなる。IT産業の拡大により近年急増しているイメージのプログラマーだが、プロ/アマを問わなければその裾野は更に広がるだろう。
 
当然、老若男女さまざまなプログラマーがいる。しかし、プログラマーと聞いて男性を連想する人は未だに多いだろう。コンピュータが限られた人たちの趣味だったころの名残りだろうか。自分の場合で言えば、女性のプログラマーがたくさんいることを知っていても、第一感で思い浮かぶのは男性だったりする。
 
これらの先入観も手伝ってか、プログラマーは男性向きの仕事というイメージがある。しかし、最近の研究では、プログラマーは女性の方が優秀らしい。
 

プログラマー

credit: Glafuski via pixabay

 
続きを読む