タグ : 政府統計

子供の人口は1571万人、前年比33万人の急減!?


この記事の所要時間: 330秒 〜 430秒程度(2016文字)


毎年、5月5日のこどもの日にあわせて発表される「こどもの数(15歳未満人口)」の統計データ。新聞の朝刊やテレビの朝のニュースで取り上げてもらうためか、前日5月4日付けで統計トピックス(人口推計)として公開されるのが恒例だ。
 
ただし、この統計(の一部)は、既に公表されているデータを利用したもの。そこで今回は、2日フライングで「こどもの数」のデータを紹介してみようと思う。
 

credit: YUKIHIDE via pixabay

 
続きを読む

家計調査の分類改定がおもしろい!


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1880文字)


総務省統計局が実施している家計調査では、家計の収入や支出を事細かに調べている。その分類の項目数は、「消費支出」だけでも約500。一例として「調理食品」の「他の調理食品」を見れば、前回の記事で扱った「ぎょうざ」以外にも、「うなぎのかば焼き」、「コロッケ」、「しゅうまい」、「冷凍調理食品」など計12項目が調査されている。調査目的のために必要なのだろうが、気が遠くなるような細かい分類だ。
 
さて、この家計調査。昭和20年代から継続されている歴史ある調査だが、収入や支出の分類は不変という訳ではない。世の中の変化に合わせて、分類は数年おきに見直されている。そして、この改定がちょっとおもしろい。そこで今回は、今年(2015年)1月に行なわれた分類改定の内容を紹介してみよう。
 

 
続きを読む

餃子支出金額、「浜松vs宇都宮」の不思議


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1777文字)


このブログでも何度か話題にしている家計調査の最新データが、総務省統計局より発表された。家計調査報告(家計収支編)―平成26年(2014年)平均速報結果の概況―がそれで、要約の冒頭部分を引用すると以下の通り。

2014年は4月に消費税率が5%から8%に引き上げられたが,消費支出は,総世帯で前年に比べ名目で同水準となった。また,実質3.2%の減少となり,2011年以来3年ぶりの減少となった。二人以上の世帯では実質2.9%の減少,単身世帯では実質2.4%の減少となった。

2014年、一般家庭の財布の紐はなかなか緩まなかったようだ。
 
さて、家計調査と言えば餃子(家計調査での品目分類名は「ぎょうざ」)。2014年は浜松市が宇都宮市を征して購入額日本一に輝いたようだ(参考:日本一ギョーザ購入額、浜松が首位奪還 宇都宮抑え2年ぶり|日本経済新聞)。正直、どちらの市が餃子日本一でも結構だが、気になるのは餃子購入の内実の方。以前にも書いた通り、浜松市と宇都宮市は餃子が高いのだ。そこで今回は、両市の餃子購入実態の「異常さ」をわかり易く見せるため、プロット図をつくってみた。
 

餃子

credit: shingo via FindCC

 
続きを読む

開業率に違和感アリ!


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1747文字)


企業関連の統計に、開業率、廃業率がある。その名の通り開業、廃業の動向をあらわすもので、算出式の大枠の考え方は次の通り。

 ●開業率 = 開業企業数 / 期首既存企業数

 ●廃業率 = 廃業企業数 / 期首既存企業数

 (参考:『中小企業白書(2014年版)』 付属統計資料

 
この開業率と廃業率。政府がまとめた日本再興戦略の中で、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率 10%台(現状約5%)を目指す」とされたこともあって、一定の注目を集めているように思う。しかし、この開業率には最初に見た時から違和感があり、どうにも納得いかないものがある。そこで今回は、その違和感の正体を説明してみようと思う。
 

start

credit: Hans via FindCC

 
続きを読む

恵方巻きは伸びている!


この記事の所要時間: 310秒 〜 410秒程度(1806文字)


暦は大寒。2月に入って立春を迎えれば、そのうち春一番も吹く。この寒さもあと少し。いささか気が早いが、春は確実に近付いてきている。
 
立春の前日は節分だ。この日に向けて、スーパーやコンビニの店頭は賑やかになる。豆まき用の炒り豆が売っていたり、恵方巻きの予約を受け付けていたり。やや節操が無いようには思うものの、何にせよ商魂たくましい姿は素晴らしい。
 
さて、節分に恵方巻きを食べる習慣は、少なくとも関東に限って言えばかなり人為的なもの。大手コンビニチェーンなどが、力ずくで広めた感がある。そして、このような人為的な習慣で気になるのは、それが本当に一般家庭に根付いているかだ。「力ずく」が成功しているのか、失敗しているのか。これも、Googleトレンドを使って確認してみたい。
 

 
続きを読む