タグ : オススメ

読み・書き・エクセル、・・・でいいのか?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1308文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
俗に「読み・書き・ソロバン」と言います。
元々、初等教育での基本的な教育内容を表していたようですが、大人になっても「読み、書き、計算」が大切なことに変わりはありません。もう少しうまく文章が書けたら・・・なんて思うことは誰にでもあるでしょう。子どもの「読み」はかなや漢字が読めること、大人の「読み」は文章の意味を読み取ることといった違いはあるものの、いずれにせよこの3つの要素が重要になります。
 

photo credit: 写真素材 足成 photo credit: 写真素材 足成

 
読み、書き、計算をする方法や道具は時代によって大きく変わります。それだけに、この言葉の中にソロバンという具体的な道具の名称が入っているのがおもしろいところです。言葉が生まれた頃によく使っていた計算の道具がソロバンで、それを使ったのでしょう。今の時代、ソロバンを使うことはほとんど無くなりましたから、現代風に言うなら読み・書き・エクセルとなりそうです。
 
さて、こうは書いたものの、ソロバンをエクセルに置き換えることには大きな抵抗があります。なぜなら、ソロバンを使うと計算力が身に付きますが、エクセルを使うと計算力が落ちるからです。
 
ソロバンを使うには足し算や引き算、そして九九ができなければいけません。一桁の数値同士の細かな計算をするのは自分自身の頭の中で、ソロバンにはその結果を入力(?)しているだけです。一方、エクセルの場合は違います。計算式や関数さえ入力すれば計算はコンピュータがやってくれます。エクセルを使うために必要なのは、関数(とその使い方)を知っていることだけです。
 
計算することは目的ではなく手段ですから、結果さえ正しく算出されれば自分で計算する必要はないという考えもあるでしょう。自分もそう考えている時期がありました。でも最近は、日々ちょっとした計算をやっていないことで数値に対する勘が鈍っているのが心配です。昔は頭でやっていた計算をするために、今はスマホの電卓を立ち上げたり、エクセルに入力して計算したりするようになっています。計算ができるできない以前に、「自分で計算しよう」という気持ちが弱くなっているようです。これって案外問題なのではないでしょうか?
 
ビジネスの話をしていると、「あの商品を◯◯◯円で××個売って、利益率を△割にすると月の儲けが、・・・」なんて話題になることがあります。もちろん電卓を叩こうとエクセルに入力しようと儲けはわかるのですが、この手の計算は自分の頭でパパっとやりたいんですよね。何も暗算が得意なことを自慢したいわけではなく、あえて言うなら「数字に強い」ところを見せたいわけです。電卓やエクセルで計算した儲けの額と暗算で出した儲けの額では、話の説得力が違います。数字に強い人に戻って、説得力を出したいというわけです。
 
とは言え、今の時代にソロバンを使うのは現実的ではありません。が、自分の頭で計算する習慣を取り戻したほうがいいとは思います。いくら便利だとはいえ、時にはエクセルに頼り過ぎないことも大事なのではないでしょうか。

Evernoteで記憶を補完


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(792文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
先日、『ネット・バカ』(ニコラス・G・カー/青土社)を紹介するネット・バカに気をつけろという記事を書きました。インターネットを使うことで人間の脳の動きが変わり、集中力が低い「バカ状態」になることに警鐘を鳴らす(?)ものです。時代や道具によって頭の使い方が変化するのは当然で、この変化にも良い側面と悪い側面があるとしつつ、マイナス面ばかりを取り上げました。
 
そこで今回はプラスの変化を取り上げます。それはEvernote活用による変化です。
Evernoteは「すべてを記憶する」を謳い文句にするインターネット上のサービスで、これを使うと文書、画像、音声など様々なものを一箇所にまとめて管理することができます。毎日利用するノートの代わりを電子的に行なっているサービスといっていいでしょう。まさに、看板に偽り無しです。
 
さて、Evernoteは何に役立つのか。それは、簡単に言ってしまえば記憶の補完です。
まあ、元々ノートというものは記憶を助けるためのものなので当たり前といえば当たり前なのですが、それが電子的にしかも簡単にできることで効果が指数関数的に増えていく印象を受けています。
 
自分の場合、本を読んでいて気になった部分を入れるのは当然として、他にも自分で考えたこと、興味を持ったウェブ記事などを保存します。そして、何か気になったことがあったときEvernote上で検索すると、いくつもの情報がヒットするというわけです。記憶の中からは消えてしまっている昔のことでも、Evernoteが記憶していてくれるので、すぐに呼び出すことができ、そこから色々なことを考えたり、思い出したりすることが可能なのです。

正直、使ってみなければこの良さはわかりません。
ぜひ、皆さんもお試しになったらいかがでしょうか。

マーケティングも基本が大切


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(573文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
唐突ですが、何ごとも型無しで考えるとうまくいきません。
考える筋道=フレームを知らないと、考えがあっちに行ったりこっちに行ったりして収拾がつかなくなります。物ごとには例外が付きものですが、一度それらを忘れて大筋のフレームに沿って考えることが重要です。型を知らずに型破りすると、碌な結果になりませんから。
 
マーケティングについては、フィリップ・コトラーが示した以下の手順が事実上のデファクトスタンダードと言っていいでしょう。
 

マーケティングの基本手順
ファイルのダウンロードはココから

 
マーケティングについて考えていて何か壁にぶつかったら、この手順に戻って考えることをオススメします。いくらこの手順を知っていても、実際に作業をしていると途中を飛ばしてしまったりします。そのときに基本に戻ることが大切なのです。頭で思い出してもいいですが、まとまったものを目にすると更に効果があります。今日のスライドはそんなときのためにつくってみました。
 
あと、新しいマーケティングの手法などが出てきたときもこれに基づいて考えるとわかりやすくなります。「one-to-oneマーケティングはSTPの変形」、「ビッグデータはRの拡張」などと考えると、急に理解が進みます。
 
皆さんも、ぜひお試しください。

生き生きした女が美しいのなら、生き生きした豚は・・・


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(795文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 

生き生きした女が美しいのなら、
生き生きした豚はただ肥っているだけじゃないか

これは作家・橋本治さんのエッセイのタイトルです。このエッセイを読んだのは数十年前のことで内容は一切覚えていないのですが、強烈なタイトルだけが頭に残っています。
 
この言葉で思うのは、「ある特徴(生き生きした)が導く結果(美しい/太っている)は主体(女/豚)によって違う」ということです。成功している人や企業の真似をすることはとても有効な手段ですが、常に我彼の差を意識しなくてはなりません。女と豚なら誰でも結果が違うことはわかるでしょう。でも、自分や自社のことになるとわからないものです。同じ特徴さえ持てば同じような成功につながると考えてしまいます。ソニーとアップルの違いはわかっても、自分とスティーブ・ジョブズの区別は付かないのです。
 
Facebookを使って成功している企業がたくさんあります。では、Facebookを使った企業のすべてが成功するでしょうか? もちろんそんな筈はありません。元々持っている企業の力、Facebookの導入方法などによって結果はまったく違います。誰でもそんなことはわかっているのでしょうが、「〇〇を使って業績向上」という言葉が持つ甘美な響きに人は弱いものです。自社に合っているかを棚上げにして、新しいことについつい手を出してしまった経験はどの企業にもあるのではないでしょうか。
 
もちろん、成功する企業もあるのですから「何でもやってみる!」という考え方もあるでしょう。でも、企業の経営資源は有限です。何をやるかの取捨選択が必要になります。おいしい話があったときは、ぜひ、この強烈な警句「生き生きした女が美しいのなら、生き生きした豚はただ 肥っているだけじゃないか」を思い出していただきたいと、考えました。

戦略は3要素で考えよう!


この記事の所要時間: 030秒 〜 130秒程度(488文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
ビジネスの場においては、何ごとも戦略的に考えることが求められます。
しかしながら「戦略」という言葉の定義が多様かつ曖昧なため、具体的に何を考えればいいのかわからなくなる場合も多いようです。
 
そんな状態に陥らないためにオススメなのが戦略コンセプトのABCです。このフォーマットでは戦略のコアとなる3要素だけを考えます。戦略を実行するにはさまざまな事柄を検討する必要があるのは当然ですが、まず中核部分をしっかり固めることが重要です。
 

戦略コンセプトのABC
ファイルのダウンロードはココから

 
このフォーマットのポイントは「信じる理由」を書き出すところです。
「消費者にとってその便益が重要なのはなぜか?」と「この商品でどうしてその便益を提供可能なのか?」を考えます。この部分が消費者に伝えるメッセージにあたります。消費者を説得できる「信じる理由」が思い浮かばないのなら、まだまだコンセプトの詰めが甘いと自覚し、さらなる熟考をすることが必要でしょう。
 
簡単なフォーマットですが、その効果は絶大です。ぜひご活用ください。