タグ : オススメ

広告ブロックをチューニングする方法


この記事の所要時間: 350秒 〜 450秒程度(2156文字)


先日、広告ブロック対策は大歓迎!という記事を書いたが、世間はまだまだ広告ブロックを使ってない人の方が多いようだ。広告ブロックが便利そうなのはわかっていても、使い方がわからずに使用に踏み切れないパターンも多い様子。そこで、今回は広告ブロックの使用方法を説明してみようと思う。インストールの仕方はどこかしこに書かれているので、その後のチューニング方法を中心にまとめてみた。
 

チューニング

credit: blickpixel via pixabay

 
続きを読む

「5秒エディタ」で集中力アップ!?


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1226文字)


仕事の書類であれ、プライベートなメールであれ、文書をつくるときには一定の集中力が必要だ。集中しなくても書けないことはないが、その出来上がりを見れば一目瞭然。心の散漫さが文章に出ているとでも言おうか。程度の差こそあれ、粗が目立つものとなってしまう。メール、スマホ、SNSなど気を散らすものが多い時代だけに、集中力の大切さを実感している人も多いだろう。
 
そこに登場したのが「5秒エディタ」。これを使えば、否が応でも文書作成に集中することになる。自分の集中力に自信がないのなら、一度試してみるといいかも知れない。
 

執筆

credit: LibelSanRo via pixabay

 
続きを読む

米大統領選挙 ブルームバーグ氏は誰の敵?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1359文字)


本日3月1日は、2016年アメリカ大統領選挙のスーパーチューズデー。民主党、共和党の予備選挙や党員集会が数多く実施される日だ。各候補にとっては、党の大統領候補者に指名されるための大切な戦いとなる。
 
民主・共和両党の候補者選びが続く中、取り沙汰されているのがマイケル・ブルームバーグ氏の出馬話。噂の段階なのでその詳細はわからないが、共和党の有力候補となったドナルド・トランプ氏の言動に危機感を覚えて、無所属での出馬を検討しているという。ニューヨーク市長を3期務めた同氏だけに、かなりの注目を集めているようだ。
 
さて、ブルームバーグ氏が出馬して、仮にブルームバーグ氏、トランプ氏、民主党候補の争いになったら何が起きるだろうか。現実的には、ブルームバーグ氏の意に反して、トランプ氏の後押しをすることになってしまうだろう。トランプ氏をホワイトハウスの主にしたくなければ、ブルームバーグ氏は出馬を控えた方がいいことになる。
 

white house

credit: Taken via pixabay

 
続きを読む

昼過ぎは何時まで? ― 専門用語の基礎知識


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1155文字)


世の中には専門用語があふれている。特定の学問分野や業界でのみ通じるテクニカルタームから、仲間内にしかわからない隠語、符牒の類まで。専門用語を「一部の人たちにしかわからない用語」と広くとらえれば、これにあてはまる言葉はたくさんある。
 
専門用語で厄介なのが、日常語をそのまま転用しているパターン。例えば、天気予報では「昼過ぎ」や「夜遅く」も定義された専門用語となるのだ。気象予報士の言う「昼過ぎ」は、「正午を少し過ぎたころ。」(『大辞林 第三版』)という意味ではなく、「○時から○時まで」と厳密に決まっている。これを知らずに天気予報を見ていては、勘違いの元になり兼ねないだろう。専門用語の世界は、案外罪深い。
 

 
続きを読む

デフォルトパスワードの危険がわかるサイト


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1416文字)


現代はいろいろなものがインターネットを介してつながっている時代。ネットのセキュリティというと、マルウェアやウイルス対策ソフトの話になりがちだが、思わぬところに危険がひそむ。その代表格とも言えるのが、各種端末に初期設定されているデフォルトパスワードだ。
 
デフォルトパスワードが危険な理由は簡単で、他の人もそのパスワードを知っているため。端末1台1台に対応した乱数のようなパスワードなら(たぶん)危険はないが、問題は入力しやすいように設定された各端末共通の単純なパスワード。要は、この類だ。

Username : admin
Password : admin

パスワードが「共通」なのだから、あなたと同じ端末を使っている人すべてが、あなたのパスワードを知っていることになる。これを悪用されれば、端末が乗っ取られることになり兼ねない。
 
デフォルトパスワードの危険は実例を伴ったニュースになることもあるが、その危なさはなかなか伝わらないようだ。危険な状態にあっても攻撃されなければトラブルは発生しないので、他人事と思ってしまうのだろう。しかし、攻撃されてからでは手遅れになるのがセキュリティというもの。未然のパスワード変更をうながすためにも、少し過激なサイトを紹介したい。
 

credit: achinverma via pixabay

credit: achinverma via pixabay

 
続きを読む