タグ : オススメ

浜松市にも教えたい(?)家計調査の使い方


この記事の所要時間: 30秒 〜 40秒程度(1789文字)


毎年恒例となっている餃子購入額ランキング。昨年(2015年)も浜松市(4,646円)が日本一となり、宇都宮市(3,981円)は2位という結果になった。浜松市が、2015年1月から12月までの家計調査の結果を独自に集計したものだが、当初の発表ではここに間違いがあったという。本来は3位になるはずの宮崎市について間違ってシューマイのデータを使い、最下位の52位にランキングしてしまったのだ(参考:浜松市、ギョーザ購入額調査で集計ミス 「シューマイの額を使ってしまった」 宮崎市、最下位から3位に浮上|産経ニュース)。
 
実は、家計調査の2015年分の年間集計は本日(2月16日)14時30分に公開の予定。これに先んじて吉報を発表しようとして、集計ミスをしたのだろう。人が行なう作業にミスは付きものとは言え、ちょっと締まらないことになってしまった。
 
さて、終わったことは仕方ないとして、来年も同じミスをしないためにとっておきの方法がある。家計調査には、万人向けに用意されている集計結果表以外に、各人がカスタマイズして集計できるシステムがあるのだ。浜松市の担当者の方にも、そのほか大勢の方々にも、この集計システムの活用をオススメしたい。
 

 
続きを読む

ChromeのシークレットモードはTumblr押し!?


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1214文字)


Google Chromeでシークレットモードを使っていると、Tumblrをやりたくならないだろうか。少なくとも自分はそういう気分になる。実際にどのくらいの人にあてはまるかはわからないが、Tumblr好きの人なら身に覚えがあってもおかしくないだろう。
 
ちょっと奇妙なこの現象。実は、何ら不思議なことはない。その原因ははっきりしているからだ。ポイントは、あのなんとも言えないブルーにある。
 

グラス

credit: insightzaoya via pixabay

 
続きを読む

短縮URLは踏むな!使うな!!


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1695文字)


Twitterやインスタントメッセージでは、今でも短縮URLを見かけることがある。紹介するページの本来のURLは長いことがあるので、それを短縮して文字数を減らすために使われるものだ。bit.ly、goo.gl、ow.ly あたりが代表的なサービスだろうか。これらの短縮URLをクリックすると、自動的に元のURLにリダイレクトされるようになっている。自分自身では使ってなくても、目にしたことがある人は多いだろう。
 
さて、この短縮URL。最初に登場したころは魅力もあったが、今ではかなり危険な代物になっているように思う。前からあるからといって何となく使っているのなら、使用を見直したほうがいいだろう。おのれの身の安全のためにも、短縮URLを踏まないこと、使わないことをオススメしたい。
 

ドメイン

credit: ary74 via pixabay

 
続きを読む

Macで時報を鳴らすなら・・・


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1623文字)


時報が好きだ。何かに集中しているとき、今の時刻をプッシュで通知してくれるのがありがたい。昔なら柱時計、少し前ならWEHRLE社(ウエラ社)の目覚まし時計などを使えば、1時間に1回、鐘の数で時刻を知ることができた。少しタイプは異なるものの、各地の自治体が夕方に流す『夕焼け小焼け』などのメロディチャイムで時間を思い出すのも悪くない。こちらは、誰もがよく経験することだろう。
 
今ならば、パソコンやスマートフォンで時報を鳴らすのが現実的だ。
そこで今回は、Mac(OS X)で時報を鳴らす方法を紹介する。
 

時間

credit: nile via pixabay

 
続きを読む

「ウィルス広告」は広告ブロックで防げ!?


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1630文字)


読売新聞に広告表示したら感染…ソフト最新化を急げという興味深い記事があった。トレンドマイクロの記者向けセミナーを受けたもので、バナー広告を「表示しただけ」で感染するウィルスを紹介している。
 
「ウィルス広告」とでも呼びたいこの新手の攻撃で厄介なのは、「あやしいサイトには近寄らない」という対策が効かないところ。インターネット広告の配信がカオス状態になっていることを利用しているため、「一般向けの正規サイト」でも感染するおそれがある。
 
現に、「不正広告の表示が推測される国内サイト(2015年7月〜10月)」は、
 ●ブログ・Wiki・レンタルWeb 63%
 ●企業・ビジネス 7%、
 ●ニュースメディア・情報ポータル 4%
 ●その他国内サイト 4%
 ●アダルトサイト 2%
 ●海外サイト 20%
となっており、企業サイトやニュースサイトにも危険があるとのこと。つまり、「ウィルス広告」については安全地帯などない。どこでウィルス感染しても不思議はないのだ。
 
さて、記事では「ウィルス広告」対策として、
 ●ソフトウェアを常に最新バージョンにすること
 ●総合型のセキュリティー対策ソフトを使うこと
の2つが挙げられているが、これにはまったく別のアプローチも有効だと考えられる。それが、この記事のタイトルに登場する広告ブロック。臭い匂いは元から絶つのが一番だ。
 

ブロック

credit: Alexas_Fotos via pixabay

 
続きを読む