タグ : フィリップ・コトラー

ニーズとは何か? 〜定義とバズワード対策〜


この記事の所要時間: 110秒 〜 210秒程度(862文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
マーケティングと言ってまず最初に頭に浮かぶ単語がニーズだという人は多いでしょう。顧客ニーズがマーケティングの出発点ですから、当たり前です。しかし、このニーズという単語は人によって使い方が違う厄介な単語でもあります。一つ間違えば、バズワード=「定義があやしい流行語」と思われても仕方ありません。
 
佐々木はニーズ、そして関連用語のウォンツ、需要を以下のように捉えています。

ニーズ、ウォンツ、需要
ファイルのダウンロードはココから

 
ニーズは欠乏状態そのもののこと(お腹が減った)、具体化されるとウォンツ(ハンバーガーが食べたい)、購買力が伴うと需要(ビッグマックにしよう)という構図です。「近代マーケティングの父」と称されるフィリップ・コトラーの定義そのものですね。
 
日ごろ話していると、これとは別の意味でニーズという言葉を使う人がいます。「我が社の製品◯◯のニーズが伸びている」といった具合です。当然、そんなときにいちいち言葉の定義を争ったりはしません。「この人は、需要のことをニーズと言っているんだな」と考えながら話を合わせます。話し相手は、今度はウォンツの意味でニーズという言葉を使ったりしますが、そのときはそのときで適宜対処します。
 
定義が曖昧な言葉については、このような対処をできることが重要だと考えています。コトラーが「現代マーケティングの第一人者」だからといって、彼の定義が絶対的な正解だということはありません。どんな定義でもいいのです。しっかり体系化された定義を知っていることで、違った用語の使い方をする人がいても対処が可能なことが大切です。言い換えれば、自分なりの語釈を持っていないと相手の言葉の使い方のブレに巻き込まれ、話が進まない事態に陥り兼ねません。

バズワード対策の一つの有効な対策として、自分なりの定義を持つことが役立ちます。それが正解か不正解は関係ありません。しっかり体系立っていて矛盾のない定義を持つことが重要だと考えています。

マーケティングも基本が大切


この記事の所要時間: 040秒 〜 140秒程度(573文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
唐突ですが、何ごとも型無しで考えるとうまくいきません。
考える筋道=フレームを知らないと、考えがあっちに行ったりこっちに行ったりして収拾がつかなくなります。物ごとには例外が付きものですが、一度それらを忘れて大筋のフレームに沿って考えることが重要です。型を知らずに型破りすると、碌な結果になりませんから。
 
マーケティングについては、フィリップ・コトラーが示した以下の手順が事実上のデファクトスタンダードと言っていいでしょう。
 

マーケティングの基本手順
ファイルのダウンロードはココから

 
マーケティングについて考えていて何か壁にぶつかったら、この手順に戻って考えることをオススメします。いくらこの手順を知っていても、実際に作業をしていると途中を飛ばしてしまったりします。そのときに基本に戻ることが大切なのです。頭で思い出してもいいですが、まとまったものを目にすると更に効果があります。今日のスライドはそんなときのためにつくってみました。
 
あと、新しいマーケティングの手法などが出てきたときもこれに基づいて考えるとわかりやすくなります。「one-to-oneマーケティングはSTPの変形」、「ビッグデータはRの拡張」などと考えると、急に理解が進みます。
 
皆さんも、ぜひお試しください。

Twitterの名言botから刺激を貰う


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1177文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
本を読んでいると「これを何かに活用したい」と思う文章に当たることがあります。
その本で説明している概念、主張、指摘が端的にまとまった一文は、自分の考えを整理、構築するにも、他人に何かを説明するにも役立つツールです。このため名言だと思った箇所については、ポストイットを付けたり、ノートに書き写したりしてどうにか役立てようとするのですが、うまくいきません。それらを振り返ることは稀だからです。最近ではEvernoteに保存して、①本を開く手間を掛けず、②簡単に検索できる環境をつくっていますが、それでもまだまだ使いこなせているとは言えないでしょう。
 
そんな佐々木が今はまっているのがTwitterの名言botです。
botによって、古今東西の名言だったり、あるテーマに絞った名言だったり、特定の一人の名言だったりするのですが、数々の名言がランダムにつぶやかれます。
 
たとえば、フィリップ・コトラーBOT(@kotler_bot)はこんなことをつぶやきます。

「ニーズ」とは、欠乏を感じている状態を指す。 「欲求」とは、人のニーズが具体化したものであり、ニーズを満たす特定の対象のことである。欲求に購買力が伴うと「需要」となる。

賢い企業は、自社の製品が確実に実行できることだけを約束し、実際にはそれ以上のものを市場に出して顧客を喜ばせることを目指す。

価格はマーケティング・ミックスの中で収益を生む唯一の要素である。他の要素はすべてコストになる。

万人向けでしかもランダムなのですからその場その場で役立つ名言がツイートされるはずはないのですが、それでもこういう名言を目にすると新たな刺激を得ることができます。そのとき自分が行なっている作業が何かおかしくなっていないか、そんなことを考えさせられるのです。
 
昨日刺激を受けたのは広告名言bot(@koukoku_bot)で、名コピーライター・仲畑貴志さんのこの一言です。

表現に関わる人間は、安易に使いつづけた常識、身に付いてしまった心地良い考えの中から嘘を剥ぎ取る作業が必要だ。しかし剥ぎ取りすぎると、変人扱いされたり常識が無いと言われる。間違ったコモンセンスからの脱却は、ゆっくりと慎重に。

常識を疑うことの重要さを教えるとともに、それを実現するためのアドバイスまでしてくれる名言です。「ゆっくり慎重に」は大切ですよね。
 
他人がつくった名言botでこれだけ刺激を受けるのですから、自分が良いと思った名言を集めてbotをつくればもっと効果があることは間違いありません。botをつくるシステムはどこかしこにあるので、問題は名言の収集と管理です。少し時間は掛かると思いますが、いつか公開したいものです。