タグ : 問題解決

北野天満宮に学ぶ行列解消法


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1439文字)


学問の神様として親しまれている北野天満宮が、行列の解消に成功した。毎年、受験シーズンに見られる本殿前の長蛇の列が、今年は短くなったという。これで参拝客が減っていないなら、かなりの効率化と言えよう。混雑を知って北野天満宮を避けていた人たちが参拝に来るようになれば、売上向上となる。神社には不似合いな言葉が並んだが、要はそういうことだ。
 
行列解消のポイントは、後から考えれば「やって当たり前」の工夫の成果。しかし、当たり前だからこそ、この事例に学ぶところは多い。
 

人間

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

iPhoneのデフォルトアプリを消す方法


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2042文字)


iPhoneには、デフォルトでたくさんのアプリケーションが入っている。電話、メール、カメラ、カレンダー、計算機、地図、ミュージック、Podcast、FaceTime、Game Center、Passbook、・・・。誰もが使うようなアプリも多いが、何に使うのかさえわからないアプリも混じっているのが現実だ。実物を持っていなければ役に立たない「Apple Watch」もデフォルト。バージョンアップのたびにあまり使わないアプリが増えている印象で、正直に言えば「いらない」アプリも多い。不要なデフォルトアプリを消せればいいのだが、普通の操作では簡単に消すことができない。
 
Appleのティム・クックCEOがデフォルトアプリについてコメントしたというニュースがあった。「なぜiOSではデフォルトで入っているアプリを削除できないのですか?」という極めて直接的な質問に、「デフォルトで入っているアプリがiPhoneの他の要素とリンクしており、アプリが削除されてしまうと他の部分で異常が発生してしまうから」と答えたらしい。ただし、「削除するための方法を現在検討中」というコメントもあり、デフォルトアプリが削除できる日は近付いているかも知れない(参考:なぜiOSに最初から入っているアプリは削除できないのかをティム・クックCEO自らが回答|GIGAZINE)。
 
デフォルトアプリ削除の検討は朗報だが、これは完全なアンインストールについての話。ストレージ容量などを気にしているのでなければ、あまり関係がない。多くの人の「邪魔だから消したい」にアンインストールは不要だろう。目障りなものが見えなくなれば、それでいい筈だ。そして、デフォルトアプリを見えなくするだけなら、今でも方法はある。今回はこれを紹介しようと思う。
 

iPhone

credit: kropekk_pl via pixabay

 
続きを読む

「システム入ってません」がビジネスになる!?


この記事の所要時間: 410秒 〜 510秒程度(2298文字)


先日、GM車がハッキングされたと思ったら、今度はライフル銃に脆弱性が発見されたそうだ(参考:Linux搭載のライフル銃がWi-Fiハッキングで乗っ取られる脆弱性が発覚|GIGAZINE)。標的を狙うスコープにコンピューターを内蔵したところ、その標的が別のものに置き換えられる可能性があるという。スマートウォッチに対するハッキングもあり得ると言われており、次に何が狙われるかわかったものではない。
 
プログラムによって制御されている製品では、そのシステムすべてがハッキングの危険に晒されている。現時点では、善意の人が警告としてハッキングしたり、脆弱性を指摘したりしているので大きな問題はないものの、これが悪意の人に先んじられたら大変なことになるだろう(もしかすると、既に気付かないところでハッキングされているかも知れないが)。価値あるシステムは狙われて当然だし、人間に完璧なものがつくれない限り、すべてのシステムはハッキングされる宿命にある。
 
今の段階で、パソコン、スマートフォンはもとより、自動車やライフル銃にハッキングの危険がある。近い将来、その危険は更に広がり、身の回りの家電、建物や部屋のロック、医療機器などにも及ぶだろう。自分の目には、システムに囲まれた世界はかなりリスキーに映る。いつどこに火がついても、何ら不思議はない。
 

ハッカー

credit: kboyd via pixabay

 
続きを読む

旧暦2033年問題と段取り八分


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1654文字)


旧暦2033年問題というものがある。日本における最後の太陰太陽暦である天保暦が、2033年に月名を決められなってしまう問題のことだ。旧暦に矛盾が生じても普段の生活に影響はなさそうだが、どうやらそうはいかないらしい。例えば、月名が決まらなければ六曜がわからないので、冠婚葬祭業などが困ってしまう。自分のようなタイプは「この際、旧暦なんて廃止にしたら!」と言いたくなるが、現実にはそうはいかないようだ。
 
さて、旧暦20033年問題の難しさはどこにあるのだろうか。かなり前からわかっていた問題であり、今もって解決しないのには何らかの理由がある筈だ。実は、この問題のポイントは「決める人がいない」に尽きる。問題の解決法のアイデアはいくつかあるのに、どれを採用するか決定できる人がいないようなのだ。
 

月 太陽

credit: ChadoNihi via pixabay

 
続きを読む

「エゴサーチ」は使えない!


この記事の所要時間: 240秒 〜 340秒程度(1555文字)


「エゴサーチ」という言葉が登場して、どのくらいの月日が経つだろうか。
エゴサーチとは「インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為」のこと(参考:エゴサーチ|ウィキペディア日本語版)。SNSの流行などをきっかけに、誰もが自分に対する評価を気にするようになり、一気に広まったように思われる。最近では、「エゴサ」と省略されることもあるようだ。
 
さて、この「エゴサーチ」の意味が変わりつつあるようだ。自分自身に関連すること以外の検索についても、「エゴサーチ」という言葉を使う例を見掛けるようになった。新しい言葉だけに、意味の変化も早いのだろう。新語などそんなものだとはわかってはいるものの、これまでと違う使い方を目にすると、やや引っ掛かるものがある。
 

ego

credit: john curley via FindCC

 
続きを読む