タグ : 戦略

ファミマ、100円コーヒーの不思議


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1458文字)


ファミリーマートが、ファミマカフェのコーヒーを値下げした。
昨21日から、これまで120円だったブレンドコーヒーSサイズを100円にしたのだ。セブンイレブンらに追随した格好になる。
 
この値下げにより、「1日1店当たりの販売額を現在の約7千円から1万円に伸ばす」ことを目指しているという(参考:ファミマ、いれたてコーヒー値下げ Sサイズを100円に|日本経済新聞)。この売上すべてをブレンドのSサイズと仮定すれば、元の価格で7,000円は約58杯、新価格で10,000円は100杯。この目標を達成するには販売数を70%以上増やす必要がある。100円コーヒーが他社と較べて低価格ならいざ知らず、価格を同じにしただけでこの伸びを期待するのは虫が良過ぎるように思う。
 
正直に言えば、ファミリーマートの狙いがわからない。この程度の手緩い対策では、大きな成果を期待するのは難しいだろう。何とも不思議な価格変更だ。
 

100円

Photo credit : xsix / CC BY

 
続きを読む

セブンカフェ、次の一手は・・・


この記事の所要時間: 250秒 〜 350秒程度(1694文字)


セブンイレブンのセルフ式ドリップコーヒー・セブンカフェ(SEVEN CAFÉ)が、本格展開になってきた。
 
1万5千店以上となる国内全店への導入が完了し、この9月末には累計販売数2億杯を突破する見込みとのこと(参考:セブンイレブン/全店にセブンカフェを導入|流通ニュース)。現在は「サンドイッチ・ロールパン・バーガーと、セブンカフェを一緒にご購入で、1セットにつき20円引き」のキャンペーンを実施しており、利用経験者の拡大を狙っている。
 
以前このブログで記事にした「買い方がわからない」状態も、かなり改善されている。セブンカフェの機械周りで、注文方法やマシンの操作方法が紹介されるようになったのだ。

セブンカフェ

この画像はホームページをコピーしたものだが、ほとんど同じ内容の掲示が店内に用意されている。極めてシンプルな説明にとどまるものの、これを見ればセブンカフェの買い方は大体わかるだろう。
 
さて、気になるのはセブンカフェが繰り出す次の一手だ。これだけ熱心に展開しているのだから、まだまだ新しい仕掛けがあると考えるのが自然だろう。では、今後どのような展開が考えられるのか。少し予想してみた。
 

Photo credit : teaeff / Foter / CC BY-NC-ND Photo credit : teaeff / Foter / CC BY-NC-ND

 
続きを読む

Yahoo!が新ロゴ! やはり日本はガラパゴス?


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1309文字)


Yahoo!のロゴが新しくなった。
これに伴い30日間続いた日替わりロゴは終了。アメリカをはじめとする各国のYahoo!のページでは、既に新しいロゴが使用されている。新ロゴはこんなデザインだ(参考:米ヤフー、新企業ロゴを発表|CNET Japan)。
 

photo by YAHOO! photo by YAHOO!

 
さて、皆さんはYahoo!のロゴ変更をお気付きだろうか。知らなかった人が多くても無理はない。なぜなら、日本のYahoo!のロゴはまだ変わっていないからだ(日本時間2013年9月6日正午現在)。
 

Photo credit : JD Hancock / Foter / CC BY Photo credit : JD Hancock / Foter / CC BY

 
続きを読む

パン屋の自動精算はイシューへの近道?


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2046文字)


人気パン屋のレジはいつも混んでいる。
パンにはバーコードを付けることができないため、未だにレジを手打ちするしかなく、精算に時間が掛かるからだ。品数も多いので、パンの種類と値段を覚えるのも大変。ベテランならまだしも、新人店員がレジに立とうものなら、長蛇の列ができることになる。
 
ここに目をつけたレジシステムがBakeryScanだ。
BakeryScanを使えば、トレイに乗せたいくつものパンを約1秒でレジ入力できる。レジの上にあるカメラがパンの種類を識別する仕掛けで、画像識別技術をレジ精算に応用するのは、世界初の試みとのこと。手づくりのパンと画像認識の最新技術は不似合いのように感じるが、最新技術だからこそ一つ一つ出来あがりが違う商品に対応できるのだろう(参考:パン8個を1秒で種類と値段を自動識別してレジ精算を高速化できる「BakeryScan」|GIGAZINE)。
 
このシステムを導入すれば、パン屋の人件費削減になるだけでなく、お客の待ち時間短縮にもつながる。レジ待ちの時間が減れば、並ぶのが嫌で人気店を避けていたお客が利用するようになり、売上が更にアップすることも考えられる。機械が珍しいうちは、レジ見たさのお客が増えてもおかしくない。経費削減と売上向上が可能な、まさに一石二鳥の良いシステムと言えそうだ。
 
さて、このシステム。うまく活用すれば、一石三鳥になる。
その3つ目の効果とは、経営の本質に関わる重要なものだ。
 

photo credit : Davide Restivo via photopin cc

photo credit : Davide Restivo via photopin cc

 
続きを読む

埼玉県庁舎補強工事に見る正しい節約の難しさ


この記事の所要時間: 340秒 〜 440秒程度(2064文字)


こんなツイートを見掛けた。


これが、たくさんのリツイートやお気に入りを集め、2ちゃんねるにまで飛び火している(参考:【画像】埼玉県庁舎の耐震補強が凄いと話題に|暇人速報)。見た目をまったく気にしていないこの建物の不自然さが、見る者の興味を惹くのだろう。自分の場合、こういう建物を見ると、どうにも落ち着かない心持ちになる。
 
このツイートや画像を見て感じたのは、節約の難しさだ。
厳しい経済環境が続き、将来への不安もある中、何においても節約するのが当然となってきている。行政も企業も個人も、フローもストックも、高価格の商品も低価格の商品も、多かれ少なかれコストを削減せざるを得ない。そして、節約ばかりを優先すると、この建物のようにバランスを欠くことになってしまう。
 
無駄なコストを掛けないことは正しい。
しかし、必要なコストまで節約するようになると、何かがおかしくなる。そして、何が必要なコストで、何が必要でないコストなのかの線引きは難しいため、「正しい節約」は常に難問だ。
 
さて、「正しい節約」をより難しくしているものの一つに、意思決定における外野の声がある。今回は、この外野の声の弊害を考えてみる。
 

photo credit : hans s via photopin cc

photo credit : hans s via photopin cc

 
続きを読む