タグ : 戦略

ジェネリック家電が売れる時代の原点回帰


この記事の所要時間: 440秒 〜 540秒程度(2579文字)


ジュネリック家電が売れているという記事があった。
 

今、“ジェネリック家電”が注目を集めている|週プレNEWS
特許が切れた医薬品(先発医療品)と同じ成分で別メーカーが作る薬を、ジェネリック医薬品(後発医薬品)という。効き目は同じなのに価格が安くなるため、最近は医師の処方にジェネリックを希望する人が増えている。これと似たような流れが、家電業界でも起こっているのだ。

家電製品の世界でも、あまり名を聞かないメーカーが製造する激安商品なのに、有名メーカーの人気商品に負けない性能を持つものが数多くある。〔略〕

テレビやHDレコーダーなどのAV機器やタブレットなどのITデバイスのほか、日常生活に欠かせない白物家電でも評判が広まりつつあるジェネリック家電。上質の製品を見極める目があればお金をかけずに生活向上できるだけに、ポイントを押さえて賢く使いたいものだ。

 
ここでジェネリックは「一般名称で販売される」「ノーブランド」の意味。ジェネリック医薬品と同様、「効き目は同じなのに価格が安くなる」ジェネリック家電が注目を集めているというのだ。記事では、家電量販店と家電メーカーの力関係に注目しているが、マーケティング視点で考えるとポイントは少し違ってくる。重要なのは、「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いが、消費者に届いていない点だ。
 
現代においてマーケティングを考えるとき、消費者がマーケティングを知っていることを前提にする必要がある。マーケティングが導入された初期の時代と違って、うぶな消費者はほとんどおらず、多くの消費者は企業のマーケティング活動をさめた目で見ている。「またやってるよ!」の類だ。今どきの消費者は、メーカーが必要のない機能を追加することで商品価格を吊り上げようとしていることを知っている。商品の機能が増えたことを素直に喜ぶほど、消費者は単純じゃない。
 
そして、この記事を読んで感じるのは、手だれの消費者が「最新機能が豊富なブランド家電」と「基本機能を抑えているジェネリック家電」の違いに見向きもしなくなっている実態だ。メーカーが売り文句にする追加機能の多くがほとんど役立たないことに見抜いていて、そのことを隠そうともしない消費者像が見えてくる。
 
そんな時代にこれまで通りの戦略を実行しても、勝ち目がないのは自明と言えよう。
では、企業はどうしたらいいのだろうか。
 

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

photo credit : Magic Madzik via photopin cc

 
続きを読む

米大統領選挙の妙 二番手候補が当選する方法


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2410文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
アメリカ大統領選挙は4年に一度、11月第1月曜日の翌日が投票日です。
今年は明後日、11月6日に投票が行なわれます。ほぼ1年間にわたる選挙戦の結果が、この日に明らかになるのです。
 
外から見る限り、アメリカ大統領選挙はある種のお祭りのように見えます。
民主党、共和党の支持者が両大統領候補を熱狂的に応援する姿には、直接選挙(厳密には選挙人投票を経ますが、民意がほぼそのまま反映されるので)ということもあり、日本の選挙とは違った盛り上がりがあるようです。
 
あの盛り上がりを見ていると、そこにアメリカ大統領の強さの源泉を感じます。
相手からの攻撃をかわし、国民の支持を集めるその過程を経たことが、大統領になってからの自信や権威、そして行動につながるように思えるのです。かつて将棋の羽生善治三冠は、「勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。結果だけなら、ジャンケンでいい」と言ったそうです。将棋と大統領選挙は大きく違いますが、この勝敗決定までの過程に価値があることに変わりはないように思います。
 
大統領選挙は、国民が熱狂するビッグイベントという側面がある一方で、当然ながらさまざまな手練手管が繰り広げられる戦いでもあります。アメリカ大統領という大きな権力を持つ座を手に入れるために、ありとあらゆる手段が考えられ、実行されるのです。
 
その中には、アンケートやデータ活用と関連するテクニックもあります。今回はそのいくつかを紹介しましょう。
 

photo credit : Rusty Blazenhoff via photopin cc

 
続きを読む

アップルは光学ドライブを葬り、何を目指す!?


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2421文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
先日発表されたiMacには、前回紹介したFusion Drive以外にもう一つ大きな特徴があります。その特徴とは、CDやDVDといった光学ドライブが内蔵されていないことです。光学ドライブのないパソコンは、ノートでは既に珍しくないものの、デスクトップではまだまだ少数でしょう。
 
米アップル社のワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント Phil Schillerは、このことについて米TIME誌の取材に以下のように答えています(参考:アップル幹部、新Mac製品で光学式ドライブを廃止した理由を説明|CNET Japan)。

「こうした古い技術はわれわれを引き戻そうとする。われわれの歩みに抵抗する錨なのだ。こうしたものはすでに役目を終えていると思う。競争相手は古い技術を手放すことを恐れているが、われわれはより優れた解決策を見つけ出そうとしている。顧客はわれわれに大きな信頼を寄せてくれている」

 
うっかり「そうなんだ」と頷きそうですが、これでは「古い → いらない」というカテゴリー適用法を使っているだけで、何の説明にもなっていません。しかし、これはメッセージを伝わり易くするためにあえてカテゴリー適用法を使っているだけであって、真の不採用理由は他にあると考えるのが自然でしょう。
 
その真の理由は何なのか?
今回は、この光学メディア不採用の理由について、マーケティング発想法を使って考えてみようと思います。
 

photo credit : nigel@hornchurch via photopin cc

 
続きを読む

因果を考える3つのコツ


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2388文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
戦略について考えていると、究極のところで「因果とは何か」という問題に行き着きます。原因と結果と言ってしまえばそれまでなのですが、この両者の関係は複雑怪奇で一筋縄では理解できません。因果そのものと言えるメカニズム解明法の矢印も、自信を持って引くことはなかなかできないものです。
 

 ・「できること」と「起きること」の峻別
 ・「動機づけ要因」と「衛生要因」の見極め
 ・「確率の影響」の検討と回避

さて、これらは、因果を考えるときの3つのコツです。「因果とは何か」という深遠かつ壮大なテーマからは程遠いですが、メカニズム解明法を実践する際に少しでも役立つヒントを経験からひねり出しました。
 
今回は、「経営戦略の3つの思考法」を紹介してきた1週間の締めとして、これらのコツを順に説明します。
 

photo credit : harry harris via photopin cc

 
続きを読む

キンドルをメカニズム解明法で占うと・・・


この記事の所要時間: 420秒 〜 520秒程度(2451文字)


中小企業診断士の佐々木孝です。
 
ここまで3回にわたり、一橋大学大学院の沼上幹教授が提示する「経営戦略の3つの思考法」、すなわちカテゴリー適用法要因列挙法メカニズム解明法を紹介してきました。このフレームの素晴らしさを少しでも理解していただけるようできる限りわかりやすく書いたつもりですが、それぞれの思考法を個別に書いたこともあり、その全体像が伝わりにくかったように思います。
 
そこで、今回はある一つのテーマについて、これら3つの思考法を使って考えてみたいと思います。テーマは、日本市場参入が発表されたばかりの米アマゾン・ドット・コムの電子書籍端末 キンドル。このビジネスが成功するかどうかを考えてみましょう。
 

photo credit : skyfish81 via photopin cc

 
続きを読む