タグ : データの罠

iPhoneの「文鎮化」は必ず起きる!


この記事の所要時間: 210秒 〜 310秒程度(1320文字)


iOS 10へのアップデートで、iPhoneやiPadの「文鎮化」がまた起きた。文鎮化とは、電子機器が動作しなくなり、紙を押さえる文鎮としてしか役立たない状態になること。「また」と書いたのは、このところ毎回恒例となっているニュースだからだ(参考:iOS 10アップデートで一部のiPhone/iPadが文鎮化【解決済み】|TechCrunch Japan)。
 

 
文鎮化のニュースは、OSのアップデートをためらわせる。Appleには、文鎮化が起きないための最大限の努力を行なってもらいたいものだが、次回以降も文鎮化の発生を防ぐことは不可能だろう。なぜなら、文鎮化の発生は技術の問題だけでなく、データの集め方の問題でもあるからだ。今後、iPhoneの「文鎮化」が必ず起きるのは間違いない。
 
続きを読む

錦糸公園のポケモンGO効果は本物だった!


この記事の所要時間: 150秒 〜 250秒程度(1161文字)


前回は、ポケモンGOの「ルアー」の効果を疑う記事を書いたが、もちろんポケモンGOの効果が出るパターンもある。今回は、データで効果が確認できた事例を紹介しよう。
 

 
続きを読む

うるう年の統計学 2月の統計に水増しアリ?


この記事の所要時間: 320秒 〜 420秒程度(1903文字)


3月に入って早1週間。小売、外食産業などでは2月の月次売上速報が出はじめている。多くのデータに、前年同月比の増減率が付いているが、難しいのがその捉え方だ。
 
何せ、先月2月は4年に1度のうるう月。日数が1日多いのだから、売上は前年同月比で伸びていて当然と考えられる。あまり好調でない会社でも、1日の水増し(?)のおかげで売上増加となる可能性があるだろう。うるう年の統計は、少し悩ましい。
 

プラス

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む

危険なパスワードがなくならない理由


この記事の所要時間: 20秒 〜 30秒程度(1283文字)


前回の記事で紹介した「よく使われたパスワードランキング」。毎回、上位は数字の羅列や簡単な英単語ばかりで、安全なパスワードの使用をうながす啓蒙は失敗しているように見えるが、実はそうとも限らない。
 
上位に危険なパスワードが並ぶのには、集計上のトリック(?)があるからだ。啓蒙が成功して、ほとんどの人が安全なパスワードを使うようになったとしても、「よく使われたパスワードランキング」の上位には今と同じようなパスワードが並ぶことになるだろう。
 

カウンター

credit: Hans via pixabay

 
続きを読む

出版物販売額、『火花』で書籍健闘は本当か?


この記事の所要時間: 220秒 〜 320秒程度(1458文字)


出版物の不振が続いている。2016年は「国内で出版された書籍と雑誌の販売額が、前年より約5%減の1兆5200億円程度にとどまり、過去最大の落ち込みとなる見通し」とのこと。この販売額は32年ぶりの低水準であり、ピーク時の6割以下というのだから、その現状はかなり厳しいと言えよう(参考:今年の出版物販売額、落ち込み最大に240万部超 「火花」で書籍健闘も、雑誌の不振深刻|産経ニュース)。
 
この記事で気になったのが、以下の部分だ。

書籍の推定販売額は前年比約1・9%減の7400億円前後となる見通し。累計240万部を超えた「火花」の大ヒットもあり、減少率は前年(4%減)より縮小した。

書籍が健闘した = 書籍販売額の減少率が前年に比べて小さかったのは『火花』の効果と言っているように読めるが、果たして1冊のベストセラーにそんな大きな影響力があるだろうか。結論から言ってしまえば、そんなことがあるはずない。
 

書籍

credit: geralt via pixabay

 
続きを読む